フランス語発音のポイント

 

日本語と大きく違うフランス語の発音

日本語とフランス語の発音ルールや表記などで大きく異なる点をいくつかあげてみましょう。

フランス語の発音記号は本サイトではあえて使わず、カタカナだけでできるだけ分かりやすく表記しています。

例にあげた単語のルビについては「本サイトのルビについて」をご参照ください。

なおフランス語の発音は、人や地域、時代などによって様々な違いが見られます。フランスは移民の多い国なので、出身地域によるイントネーションの違いがあったり、世界各地のフランス語圏諸国による発音の違いも見られます。

例えば私の大好きな歌手の一人である Dalida ダリダ(エジプト育ちのイタリア系移民)の発音には相当の訛りがありました。そのほかの有名歌手の中にもベルギーやカナダ、ギリシャ、アルジェリアなど様々な国の出身者がいますので、出身地など歌手の背景を知ることも曲の理解につながると思います。

本サイトは基本的に現代のパリを中心とする北部フランスの発音をベースにしていますが、曲や歌手によってはバリエーションのある場合も出てくると思います。

 

発音しない文字について

日本語は単語のすべての文字を発音しますが、フランス語には以下のように発音しないケースがあります。

 

語尾の子音は発音しない

基本的に単語の末尾にある子音は発音しません。ただし例外もあるので本サイトのルビ通りに発音しましょう。

Paris  パ(パリ)

objet  オ ブジェ(物体)

carrot  キャ(ニンジン)

 

発音する単語

chic  シッ(シック)

 

語尾の「e」「es」は発音しない

基本的には発音しませんが、弱く「ウ」「ウォ」「ウァ」と発音されたりすることもあります。

 

またシャンソンは詩の延長ということから、一行のフレーズの最後の語尾にある「e」については、押韻としてかなり誇張して発音することがあります。

例えば入門曲の「La vie en rose バラ色の人生」の中にある「vie」は、通常は「ヴィ」と発音しますが、エディット・ピアフは「ヴィ」と歌っています。

シャルル・トレネは「La mer ラ・メール」の中で「pluie プリュイ」を「プリュイー」「infinie アンフィニ」を「アンフィニー」、歌詞の最後にある「vie」を「ヴィー」と歌っています。事例があるときにはご案内していきたいと思います。

 

単語の中にある「e」の発音についてはルールが複雑なので、ルビの通りに読んでください。

動詞や名詞、形容詞の語尾につく「-er」は「」と発音して「r」は発音しませんが、

aimer  エメ(愛する)

 

一部「エー」と発音するものもあります。

mer  メー(海)

air  エー(空気)

 

「h」は発音しない

」は基本的にはまったく発音しません。

例えば、

hotel  テル(ホテル)

Hayashi  ヤシ(林、日本人の姓名)

Hermès  メス(ブランド名)

というようになります。

 

動詞の複数3人称語尾「-ent」は発音しない

「er」「ir」で終わる動詞の複数3人称の語尾「-ent」は発音しません。

donnent  ドンヌ(与える)

finissent  フィニス(終わる)

 

鼻母音について

もっともフランス語っぽい発音の一つに「鼻母音」があります。「en, em, an, on, in, ain, un, um」などの発音ですが、3種類あります。

通常のカタカナ表記では「フンス」「ションソン」など「ン」を入れますが、実際の鼻母音は「ン」は発音しない(口を閉じない)で、鼻から息を抜きながら母音を発音します軽く鼻腔を閉じて息を抜くイメージです。

フランス語の発音記号では、鼻母音記号の頭に「~」が付くことから、本サイトでは母音や子音のカタカナ表記の横に「~」を添えて鼻母音を表記しています。

「an, em, en, em」は、口を大きく縦に開けた「ア~」と「オ~」の中間のような音です。口を大きく開いた「ア」の形から両頬をすぼめるイメージです。

「in, im,  ein, ain, un, um」口を横に開いた「エ」の形で「ア~」と鼻から抜いて発音します。

「on, om」は、口を丸くすぼめて鼻から「オ~と発音します。

これも日本人には難しい発音の一つですが、とても重要なので常に意識しながら発音してみてください。「鼻母音」のルビ表記については「本サイトのルビについて」を必ずお読みください

 

単語をつなげて発音することについて

フランス語では、単語と単語をつなげてなめらかに発音することが多々あります。これには次のような様々なルールがあります。

本サイトではすでに単語をつなげた形でルビをつけてありますので、その通り読んでいただけばOKです。

リエゾンとアンシェンヌマンの位置には下線を引いてありますので、どんなときにつなげるのか、どんな発音になるのか、少しずつ覚えていきましょう。

 

エリズィヨン

「e」や「i」を省いて、アポストロフ「'」をつけて次の母音と続けて読むこと。

que elle  ク エル  ⇒  qu'elle  ル(彼女が~すること)

je ai  ジュ エ  ⇒  j'ai  ジェ(私は持ってます)

si il  スィ イル  ⇒  s'il  スィル(もし彼が)

 

リエゾン

本来発音しない語尾の子音「s, x, t, d」と、次の単語の母音をつなげて発音すること。s, x」は「t, d」は「トゥと発音します。

nos amis  ノ アミ  ⇒  ノミ(私たちの友だち)

vous êtes  ヴー エットゥ  ⇒  ヴーットゥ(貴方は~です)

aux yeux  オー イウ  ⇒  オーズィウ(目に)

quand elle  コン エル  ⇒  コンル(彼女が~するとき)

 

アンシェンヌマン

発音される語尾の子音を、次の単語の母音とつなげて発音すること。

elle est  エル エ  ⇒  エ(彼女は~です)

il y a  イル イ ア  ⇒ イ(~があります)

 

フランス語の特殊文字について

フランス語には特殊記号がついた文字がありますが、これはアクセントを意味するものではなく、ABCアルファヴェの一部です。

なお、フランス語の単語には英語のように決まったアクセントはありません。歌の中ではメロディや拍子、歌詞のフレーズの流れなどによってアクセントができます。

スマホ入力で特殊文字を入力するには、英字入力にして「a, c, e, i, o, u」をそれぞれ長押しすると特殊文字の候補が出てくるので、その中から選択できます。

 

アクサン テギュ (é)

 「é」口をやや狭くして短めに「と発音します。

 

アクサン グラーヴ (è, à, ù)

è」は口をやや開けて伸ばし気味に「エーと発音。

à」は「a」 と同じ「と発音します。

ù」は口を突き出して伸ばし気味に「ウーと発音。

 

アクサン シルコンフレクス (â, ê, î, ô, û)

â, î, ô, û」は「a, i, o, u」の発音と変わりはなく、

ê」は、上記「アクサン グラーヴ  (é)」と同じように、口をやや開けて伸ばし気味に「エー」と発音します。

 

トレマ (ë, ï, ü)

直前の母音とくっつけないで切り離して発音することを意味します。

naïve   ナーヴ(ナイーブ)

égoïsme  エゴズム(エゴイズム)

 

セディーユ (ç)

ca」は「co」は「cu」は「キュと発音しますが、

 

セディーユが付くとça」は「ço」は「çu」は「スュと発音します。

français  フ(フランス語)

comme ça  コム (そのように)

 

œ」について

oとe が並ぶ場合には、 o と e をくっつけた「œ」 という合字を使います。

cœur  クァー(心、心臓)

œuf  (卵)

この記事で後述する「ue, eu, œ, œu」の発音の解説を参照してください。

 

フランス語の母音の発音について

フランス語の母音の中で特に発音に注意が必要なものをご紹介します。

 

「a」と「i」「y」の発音

a」は「とのみ発音し、英語のようにエイとは発音しません。

i」「」は口を横に広げて「」とハッキリ発音します。

 

「ai, ei」の発音

ai, ei」は、アイ、エイではなくと発音します。

 

「ou」と「u」の発音

ou」は唇を突き出して、日本語より強く「」「ウーと発音します。

groupe  グプ(グループ)

soupe  スープ(スープ)

Louvre  ルー(ルーブル)

 

u」は「ou」よりもっと口をすぼめて「」と鋭く発音します。

buffet  ビュフェ(ビュッフェ)

fondu  フォンデュ(フォンデュ)

unique  ニーク(ユニーク)

 

本サイトではルビを見ながら自然に強く発音するように、「ウゥ」「ユゥ」とルビ表記する場合があります。

 

「au」「eau」の発音

au」「eau」は」「オーと発音します。

restaurant  ン(レストラン)

café au lait  カフェ・・レ(カフェオレ)

Bordeaux  ボドー(ボルドー)

 

「oi」「oy」の発音

oi」はオワと発音します。

foie gras  フォワ(フォワグラ)

Renoir  ノワ(ルノワール)

 

oy」はオワイュと発音します。

voyage  ヴォワイヤージュ(旅行)

royal  ワイヤル(王立)

 

「-ille」「-ail、-aiile」「-eil、-eill-」の発音

-ille」は「イーユと発音しますが、イルと発音する場合もあります。

fille  フィーユ(女の子)

ville  ヴィル(町)

 

-ail,-aile」は「アイユと発音します。

travail  トヴァイユ(仕事)

Versailes  ヴェサイユ(ヴェルサイユ)

 

-eil, -eill-」は「エイユと発音します。

soleil  ソレイユ(太陽)

Marseille  マセイユ(マルセイユ)

 

「ue, eu, œ, œu」の発音

ue, eu, œ, œu」は「ウ、エ、オ」の中間のような音で2種類あります。日本人にとって難しい発音の一つです。

一つは、あまり口を開けない「オ」の形で力を抜いて「エ」というイメージの発音。本サイトでは「ウー」または「ウォ」などと表記しています。

Europe  ウーップ(ヨーロッパ)

bleu  ブルォ(青)

 

もう一つは、口を横にやや大きく開いた「エ」から、両頬をすぼめてハッキリ強めに「オ」というイメージの発音です。本サイトでは「ウァ」と表記しています。

シャンソンの歌詞の中に度々登場する「cœur(心)」は「クァー」と表記しています。人によっては「キャー」「クェーと聞こえる場合もあります。

œuvre  ウァー(作品)

neuヌァフ(新しい)

fleur  フルァー(花)

 

フランス語の子音の発音について

フランス語の子音については、日本語にはない子音の発音など以下のポイントを確認してください。

それ以外の子音についてはルビ通りでほぼOKですが、全体的に日本語よりもハッキリと発音するように心がけてください。

 

「r」の発音

」は「」で表記。舌先を下の歯の裏につけて動かさずに、口の奥(喉に近いところ)でうがいをするように震わせて発音します。

」の発音は特に重要なため、本サイトでは独自のルビ表記をしていますので、「本サイトのルビについて」も必ずお読みください。

 

「f」「v」の発音

f」「v」ともに、上の歯を下唇に軽く当てて、

f」は「ファ、フィ、フ、フェ、フォ

v」は「ヴァ、ヴィ、ヴ、ヴェ、ヴォ

などと発音します。

 

「qu」の発音

qu」は「」や「」と同じように発音するので、

quand は クアン ではなく「」(いつ)

qui は クイ ではなく「」(だれ)

quel は クエル ではなく「ル」(何)

 

語尾の「que」 は「」と発音します。

musique  ミューズィッ(音楽)

masque  マス(マスク)

語尾の「e」は基本的には発音しませんが、「クォ」と聞こえることもあります。

 

「gn」の発音

gn」 は「ニュ」と発音します。

cognac  コニャック(コニャック)

Bourgogne  ブゴーニュ(ブルゴーニュ)

 

「tu」「ti」の発音

tu」は「チュ」か「テュ」、または中間の音で、発音に個人差があります。

ti」は「ティ」と「スィ」の2通りの発音があります。

petit  プティ、プ

égyptien  エジプスィヤン(エジプト人)

communication  コミュニカスィヨン(コミュニケーション)

 

以上で主なフランス語の発音のポイントについてご紹介してきました。

本サイト独自のルビのつけ方につきましては、「本サイトのルビについて」を必ずお読みください。

フランス語の発音についてさらに詳しく学びたい方のために、参考になるサイトの中から分かりやすいものをいくつかご紹介します。

 

フランス語で歌うシャンソン入門講座

フランス語で歌うシャンソン基礎編

フランス語で歌うシャンソン入門曲

フランス語で歌うシャンソン応用編

フランス語で歌うシャンソン掲載曲一覧