A Paris ア・パリ

Yves Montand イヴ・モンタンの「À Paris ア・パリ」

作詞&作曲  Francis Lemarque フランシス・ルマルク

歌  Yves Montand イヴ・モンタン

(創唱)Francis Lemarque フランシス・ルマルク

発表年  1946年

 

・Karafun収録曲

 

パリに春風が吹くと

人々が微笑みあい

恋が花開く

明るい太陽と春風は

美しいパリの街々をめぐり

人々は朝からカフェでくつろぐ

セーヌ河畔にはいつでも恋人たちがいて

7月14日のパリ祭の日には

アコーディオンの調べに合わせて

人々が踊り明かす

それがパリなのさ

 

春が来て人々がウキウキと動き出すパリの情景を描きながら、軽快に歌い上げたイヴ・モンタンの代表曲の一つ「ア・パリ」。コンサートをこの曲で締めくくるのが好きだったそうです。

モンタン40歳の1961年のライヴ動画です。冒頭の「À Paris」を省いて次の歌詞から始まっています。アコーディオンの軽快な音色がパリの町の雰囲気を彷彿とさせます。

À Paris - Yves Montand (1961)

 

冒頭に Jacques Prévert ジャック・プレヴェール の「Le jardin 庭」という詩を詠んでから歌に入る演出の、パリ・オランピア劇場でのコンサートライブ。1981年、円熟味を増した60歳のモンタンです。

À Paris - Yves Montand (1981)

 

29歳のときに作詞・作曲をして、自ら創唱したFrancis Lemarque フランシス・ルマルクの、1965年のスタジオライブ動画も見つけました。

À Paris - Francis Lemarque (1965)

 

Youtube活用メモ

一緒に歌う場合は、テンポを遅めにしたり、ループ再生にすると便利です。

画面をクリックすると右下に出る「歯車マーク」をクリックして、「再生速度」を 0.75 か 0.5 に設定しましょう。

画面を長押し(パソコンの場合は右クリック)して「ループ再生」をオンにしましょう。

Youtubeサイトに移動せずに本サイト上で再生するとCMが入りません。

※すぐ歌われる場合は、こちらをクリックしてください。

歌う前の確認事項

歌う前に以下のことをご確認ください。できるだけ正しいフランス語を発音するために、とても大切なポイントです。

⇒ 「フランス語発音のポイント」「本サイトのルビについて」「歌う前の準備~歌ってみよう」で詳しく解説していますのでご参照ください。

⇒ フランス語シャンソン初心者の方は、「フランス語で歌うシャンソン入門講座」から始めてください。

 

本サイト独自のルビ表記と発音について

r」は「」で表記。口の奥を震わせて発音します。前後の子音によって硬い「r」と柔らかい「r」の二通りの発音があります。

★「鼻母音」については、鼻から息を抜きながら母音を発音する(口を閉じて「ン」と発音しない)ので、本サイトでは母音や子音のカタカナ表記の横に「」を添えて鼻母音を表記しています。軽く鼻腔を閉じて息を抜くイメージです。

①「an, em, en, em」は、口を大きく縦に開けた「ア~」と「オ~」の中間のような音。青字で「オ~」「コ~」「ソ~」「ト~」など青字で表記。「r」につくときは「」と表記しています。

②「in, im, ein, ain, un, um」は口を横に開いた「エ」の形で「ア~」と鼻から抜いて発音

③「on, om」は、口を丸くすぼめて鼻から「オ~」と発音

 

リエゾンやアンシェンヌマンについて

リエゾンやアンシェヌマンしている箇所には下線を引いてあります。

 

日本語訳

日本語訳や曲の解説をしているお勧めのサイトはこちらです。

朝倉ノニーの歌物語「À Paris ア・パリ」

 

「À Paris ア・パリ」歌詞

単語一つずつではなく、歌のメロディやフレーズに合わせてルビの区切りを入れてあります。同じ歌手でもアレンジやバージョンによって、また別の歌手が歌う場合なども、歌詞が異なる場合があります。

 

印刷用歌詞(PDF)

印刷する場合は歌詞(ルビつき&ルビなし)のPDFをダウンロードしてカラー印刷してください。

「À Paris ア・パリ」歌詞(PDF)

 

ルビつき歌詞

短めにフレーズを区切って表記していますが、スマホの場合は画面を横長にしてスクロールしながらご覧ください。

「À Paris ア・パリ」

À Paris

ア パ

Quand un amour fleurit

コ~タ~ ムゥー フルォ

Ça fait pendant des s’maines

サ フェ ポ~ド~ デ スメーヌ

Deux cœurs qui se sourient

ドゥ クァー キ ス スゥ

Tout ça parce qu’ils s’aiment

トゥ サ パス キル セーム

À Paris

ア パ

 

Au printemps

オ プト~

Sur les toits les girouettes

スュ レ トワ レ ジゥエットゥ

Tourn’nt et font les coquettes

トゥ フォ~ レ コケットゥ

Avec le premier vent

アヴェク ル プミエ ヴォ~

Qui pass’indifférent

キ パッサ~ディフェ

Nonchalant

ノ~シャロ~

 

Car le vent

ヴォ~

Quand il vient à Paris

コ~ティル ヴィア~

N’a plus qu’un seul soucis

ナ プリュ カ~ スァル スゥスィ

C'est d’aller musarder

セ ダレ ミュザ

Dans tous les beaux quartiers

ド~ トゥ レ ボー カルティエ

De Paris

ドゥ パ

 

Le soleil

ル ソレイユ

Qui est son vieux copain

キ エ ソ~ ヴィウ コパ~

Est aussi de la fête

スィ ドゥ ラ フェトゥ

Et comme deux collégiens

エ コンム ドゥ コレジア~

Ils s’en vont en goguette

イル ソ~ ヴォ~ト~ ゴゲットゥ

Dans Paris

ド~

 

Et la main dans la main

エ ラ マ~ ド~ ラ マ~

Ils vont sans se frapper

イル ヴォ~ ソ~ ス フ

Regardant en chemin

ド~ト~ シュマ~

Si Paris a changé

スィ パショ~ジェ

 

Y’a toujours

イア トゥジュゥー

Des taxis en maraude

デ タクスィ オ~ードゥ

Qui vous chargent en fraude

キ ヴゥ シャルジュト~ードゥ

Avant le stationnement

ヴォ~ ル スタスィオヌモ~

Où y’a encor’l'agent

ウゥ イア オ~ジョ~

Des taxis

デ タクスィ

 

Au café

オ カフェ

On voit n’importe qui

オ~ ヴワ ナ~ポトゥ キ

Qui boit n’importe quoi

キ ブワ ナ~ポトゥ コワ

Qui parl’avec ses mains

キ パラヴェク セ マ~

Qu’est là depuis l’matin

ケ ラ ドゥピュイ ルマタ~

Au café

オ カフェ

 

Y’a la Seine

イア ラ セーヌ

A n’importe quell’heure

ア ナ~ポトゥ ケルァー

Ell‘a ses visiteurs

エラ セ ヴィズィトァー

Qui la r’gardent dans les yeux

キ ラ ドゥ ド~ズィ

Ce sont ses amoureux

ス ソ~ セムゥ

À la Seine

ア ラ セーヌ

 

Et y’a ceux

エ イア スゥ

Ceux qui ont fait leur nids

スゥ キ オ~ フェ ルァー

Près du lit de la Seine

デュ リ ドゥ ラ セーヌ

Et qui s’lav’nt à midi

エ キ スラヴン ア ミディ

Tous les jours de la s’maine

トゥ レ ジュゥー ドゥ ラ スメーヌ

Dans la Seine

ド~ ラ セーヌ

 

Et les autres

エ レゾー

Ceux qui en ont assez

スゥ キ オ~ノ~

Parc’qu’ils en ont vu d’trop

スキィル ゾ~ノ~ ヴュ ドト

Et qui veul’nt oublier

エ キ ヴァルン トゥブリエ

Alors y s’jettent à l'eau

アロー ズィス ジェットゥ ロー

Mais la Seine

メ ラ セーヌ

 

Ell’préfère

エルプフェー

Voir les jolis bateaux

ヴワー レ ジョリ バトー

Se promener sur elle

ス プムネ スュ

Et au fil de son eau

エ オ フィル ドゥ ソ~ノー

Jouer aux caravelles

ジュエ ヴェル

Sur la Seine

スュ ラ セーヌ

 

Les ennuis

ゾ~ニュイ

Y’e’n a pas qu’à Paris

オ~ パ カ パり

Y’en a dans l’monde entier

オ~ ド~ル モ~ド~ィエ

Oui mais dans l’monde entier

ウィ メ ド~ル モ~ド~ティエ

Y’a pas partout Paris

イア パ パトゥ パ

V’là l'ennui

ヴラ ロ~ニュイ

 

À Paris

ア パ

Au quatorze juillet

オ カトズ ジュイエ

À la lueur des lampions

ア ラ ルァーロ~ピオ~

On danse sans arrêt

オ~ ド~ソ~

Au son de l’accordéon

オ ソ~ ドゥ ラコデオ~

Dans les rues

ド~

 

Depuis qu’à Paris

ドゥピュイ カ パ

On a pris la Bastille

オ~ ラ バスティユ

Dans chaque faubourg

ド~ シャク フォブゥー

Et à chaqu’carrefour

エ ア シャクカフゥー

 

Il y a des gars

ア デ ガ

Et il y a des filles

エ イ ア デ フィーユ

Qui sans arrêt sur les pavés

ソ~ スュ レ パヴェ

nuit et jour

ニュイ ジュゥー

Font des tours et des tours

フォ~ デ トゥー エ デ トゥー

À Paris

ア パ

 

フランス語歌詞(ルビなし)

リエゾン、アンシェンヌマンの箇所に下線をつけてあります。

「À Paris」

À Paris

Quand un amour fleurit

Ça fait pendant des s’maines

Deux cœurs qui se sourient

Tout ça parce qu’ils s’aiment

À Paris

 

Au printemps

Sur les toits les girouettes

Tourn’nt et font les coquettes

Avec le premier vent

Qui pass’indifférent

Nonchalant

 

Car le vent

Quand il vient à Paris

N’a plus qu’u’n seul soucis

C'est d’aller musarder

Dans tous les beaux quartiers

De Paris

 

Le soleil

Qui est son vieux copain

Est aussi de la fête

Et comme deux collégiens

Ils s’en vont en goguette

Dans Paris

 

Et la main dans la main

Ils vont sans se frapper

Regardant en chemin

Si Paris a changé

 

Y’a toujours

Des taxis en maraude

Qui vous chargent en fraude

Avant le stationnement

Où y’a encor’l’agent

Des taxis

 

Au café

On voit n’importe qui

Qui boit n’importe quoi

Qui parl’avec ses mains

Qu’est là depuis l’matin

Au café

 

Y’a la Seine

A n’importe quell’heure

Ell‘a ses visiteurs

Qui la r’gardent dans les yeux

Ce sont ses amoureux

À la Seine

 

Et y’a ceux

Ceux qui ont fait leur nids

Près du lit de la Seine

Et qui s’lav’nt à midi

Tous les jours de la s’maine

Dans la Seine

 

Et les autres

Ceux qui en ont assez

Parc’qu’ils en ont vu d’trop

Et qui veul’nt oublier

Alors y s’jettent à l'eau

Mais la Seine

 

Ell’préfère

Voir les jolis bateaux

Se promener sur elle

Et au fil de son eau

Jouer aux caravelles

Sur la Seine

 

Les ennuis

Y’en a pas qu’à Paris

Y’en a dans l’monde entier

Oui mais dans l’monde entier

Y’a pas partout Paris

V’là l’ennui

 

À Paris

Au quatorze juillet

À la lueur des lampions

On danse sans arrêt

Au son de l’accordéon

Dans les rues

 

Depuis qu’à Paris

On a pris la Bastille

Dans chaque faubourg

Et à chaqu’carrefour

 

Il y a des gars

Et il y a des filles

Qui sans arrêt sur les pavés

nuit et jour

Font des tours et des tours

À Paris