Amsterdam アムステルダム

Amsterdam - Jacques Brel

作詞&作曲 Jacques Brel ジャック・ブレル

歌  Jacques Brel ジャック・ブレル

発表年  1964年

 

・Karafun収録曲

 

アムステルダムの港には

酒と女に明け暮れる水夫たちがいる

外海への夢を歌い

アコーディオンの音色に合わせて踊り

そしてまた飲んだくれる

 

荒くれた水夫たちの姿を、臨場感あふれる言葉で生き生きと表現した、ブレルの名曲中の名曲「アムステルダム」。男たちの怒鳴り声や港のざわめき、汽笛の音、娼婦たちの笑い声が聞こえ、潮と交じり合った独特の臭いが漂ってくるようです。

オランピア劇場で熱唱するブレルのライヴ動画です。

Amsterdam - Jacques Brel (1966)

 

数々のドラマを生み出したオーディション番組「The Voice」(TF1テレビ)シーズン5(2016年)の準決勝で熱唱する、2001年生まれ(当時15歳)の Antoine アントワーヌ。若さが爆発する「アムステルダム」です。

決勝ではエディット・ピアフの「La foule」を歌い3位になりました。甘さと狂気を兼ね備えた若手新進ロッカーとして、今後の活躍が楽しみなアーティストです。

Amsterdam – Antoine (2016)

 

女性が歌うとどうなるのかと思っていたら、カナダ・ケベック出身のイザベル・ブーレイが歌っていました。それも真の歌唱力が問われる完全無伴奏で。

Amsterdam – Isabelle Boulay (2003)

 

The Voiceでアントワーヌのコーチを務めた Garou ガルー(ケベック出身)も力強く歌っています。2013年のライヴ動画のようです。

Amsterdam – Garou (2013)

 

パトリック・ブリュエルが歌っている動画も見つけました。20年位前でしょうか。初めは静かに歌い始めたと思っていたら、やはり誰が歌っても最後は熱唱で終わる歌です。

Amsterdam – Patrick bruel

 

Youtube活用メモ

一緒に歌う場合は、テンポを遅めにしたり、ループ再生にすると便利です。

画面をクリックすると右下に出る「歯車マーク」をクリックして、「再生速度」を 0.75 か 0.5 に設定しましょう。

画面を長押し(パソコンの場合は右クリック)して「ループ再生」をオンにしましょう。

Youtubeサイトに移動せずに本サイト上で再生するとCMが入りません。

※すぐ歌われる場合は、こちらをクリックしてください。

歌う前の確認事項

歌う前に以下のことをご確認ください。できるだけ正しいフランス語を発音するために、とても大切なポイントです。

⇒ 「フランス語発音のポイント」「本サイトのルビについて」「歌う前の準備~歌ってみよう」で詳しく解説していますのでご参照ください。

⇒ フランス語シャンソン初心者の方は、「フランス語で歌うシャンソン入門講座」から始めてください。

 

本サイト独自のルビ表記と発音について

r」は「」で表記。口の奥を震わせて発音します。前後の子音によって硬い「r」と柔らかい「r」の二通りの発音があります。

★「鼻母音」については、鼻から息を抜きながら母音を発音する(口を閉じて「ン」と発音しない)ので、本サイトでは母音や子音のカタカナ表記の横に「」を添えて鼻母音を表記しています。軽く鼻腔を閉じて息を抜くイメージです。

①「an, em, en, em」は、口を大きく縦に開けた「ア~」と「オ~」の中間のような音。青字で「オ~」「コ~」「ソ~」「ト~」など青字で表記。「r」につくときは「」と表記しています。

②「in, im, ein, ain, un, um」は口を横に開いた「エ」の形で「ア~」と鼻から抜いて発音

③「on, om」は、口を丸くすぼめて鼻から「オ~」と発音

 

リエゾンやアンシェンヌマンについて

リエゾンやアンシェヌマンしている箇所には下線を引いてあります。

 

日本語訳

日本語訳や曲の解説をしているお勧めのサイトはこちらです。

朝倉ノニーの歌物語「Amsterdam アムステルダム」

 

「Amsterdam アムステルダム」歌詞

単語一つずつではなく、歌のメロディやフレーズに合わせてルビの区切りを入れてあります。同じ歌手でもアレンジやバージョンによって、また別の歌手が歌う場合なども、歌詞が異なる場合があります。

 

印刷用歌詞(PDF)

印刷する場合は歌詞(ルビつき&ルビなし)のPDFをダウンロードしてカラー印刷してください。

「Amsterdam アムステルダム」歌詞(PDF)

 

ルビつき歌詞

短めにフレーズを区切って表記していますが、スマホの場合は画面を横長にしてスクロールしながらご覧ください。

「Amsterdam アムステルダム」

[1]

Dans le port d'Amsterdam

ド~ ル ポー ダムステダム

Y a des marins qui chantent

イ ア デ マ~ キ ショ~トゥ

Les rêves qui les hantent

ーヴ キ レ オ~トゥ

Au large d'Amsterdam

オ ラジュ ダムステダム

 

Dans le port d'Amsterdam

ド~ ル ポー ダムステダム

Y a des marins qui dorment

イ ア デ マー~ キ ド

Comme des oriflammes

コンム デ フランム

Le long des berges mornes

レ ロ~ デ ベジュ モ

 

Dans le port d'Amsterdam

ド~ ル ポー ダムステダム

Y a des marins qui meurent

イ ア デ マー~ キ ムァー

Pleins de bière et de drames

プラ~ ドゥ ビエー エ ドゥ ド

Aux premières lueurs

オ プミエー リュァー

 

Mais dans le port d'Amsterdam

ド~ ル ポー ダムステダム

Y a des marins qui naissent

イ ア デ マー~ キ ネッス

Dans la chaleur épaisse

ド~ ラ シャルァー ペッス

Des langueurs océanes

ロ~グァー セアヌ

 

[2]

Dans le port d'Amsterdam

ド~ ル ポー ダムステダム

Y a des marins qui mangent

イ ア デ マー~ キ モ~ジュ

Sur des nappes trop blanches

スュ デ ナップ トロ~シュ

Des poissons ruisselant

デ プワソ~ イスロ~

 

Ils vous montrent des dents

イル ヴゥ モ~トド~

A croquer la fortune

ア クケ ラ フォテュヌ

A décroisser la lune

ア デクワセ ラ リュヌ

A bouffer des haubans

ア ブゥフェー デ オボ~

 

Et ça sent la morue

エ サ ソ~ ラ モ

Jusque dans le cœur des frites

ジュスク ド~ ル クァー デ フトゥ

Que leurs grosses mains invitent

ク ルァース マ~ ア~ヴィトゥ

A revenir en plus

ヴニー プリュ

 

Puis se lèvent en riant

ピュイ ス レーヴ ト~ オ~

Dans un bruit de tempête

ド~ザ~ュイ ドゥ ト~ペートゥ

Referment leur braguette

フェム ルァーゲットゥ

Et sortent en rotant

エ ソトゥ ト~ ト~

 

[3]

Dans le port d'Amsterdam

ド~ ル ポー ダムステダム

Y a des marins qui dansent

イ ア デ マー~ キ ド~

En se frottant la panse

オ~ ス フト~ポ~

Sur la panse des femmes

スュポ~ス デ ファンム

 

Et ils tournent et ils dansent

エ イル トゥヌ エ イル ド~

Comme des soleils crachés

コンム デ ソレイユ クシェ

Dans le son déchiré

ド~ ル ソ~ デシ

D'un accordéon rance

ダ~ デオ~

 

Ils se tordent le cou

イル ス トドゥ ル クゥ

Pour mieux s'entendre rire

プゥ ミウ ソ~ト~る り

Jusqu'à ce que tout à coup

ジュスカ ス ク トゥ クゥ

L'accordéon expire

ラコデオ~ エクスピー

 

Alors le geste grave

アロ ル ジェストゥ グーヴ

Alors le regard fier

アロガー フィエ

Ils ramènent leur batave

イル メヌ ルァー バタヴ

Jusqu'en pleine lumière

ジュスコ~ プレーヌ リュミエー

 

[4]

Dans le port d'Amsterdam

ド~ ル ポー ダムステダム

Y a des marins qui boivent

イ ア デ マ~ キ ブワヴ

Et qui boivent et reboivent

エ キ ブワヴ エ ブワヴ

Et qui reboivent encore

エ キ ヴワヴ オ~コ

 

Ils boivent à la santé

イル ブワヴ ア ラ ソ~

Des putains d'Amsterdam

デ ピュタ~ ダムステダム

De Hambourg ou d'ailleurs

ドゥ オ~ブゥグ ウゥ デユァー

Enfin ils boivent aux dames

オ~ファ~ イル ブワヴ トー ダム

 

Qui leur donnent leur joli corps

キ ルァー ドンヌ ルァー ジョリ コー

Qui leur donnent leur vertu

キ ルァー ドンヌ ルァー ヴェテュ

Pour une pièce en or

プゥヌ ピエス オ~ ノー

Et quand ils ont bien bu

コ~ティゾ~ ビア~ ビュ

 

Se plantent le nez au ciel

ス プロ~トゥ ル ネ オ スィエル

Se mouchent dans les étoiles

ス ムゥシュ ド~トワル

Et ils pissent comme je pleure

ティル ピッス コンム ジュ プルァー

Sur les femmes infidèles

スュ レ ファンム ザ~フィデル

 

Dans le port d'Amsterdam

ド~ ル ポー ダムステダム

Dans le port d'Amsterdam

ド~ ル ポー ダムステダム

 

フランス語歌詞(ルビなし)

リエゾン、アンシェンヌマンの箇所に下線をつけてあります。

「Amsterdam」

[1]

Dans le port d'Amsterdam

Y a des marins qui chantent

Les rêves qui les hantent

Au large d'Amsterdam

 

Dans le port d'Amsterdam

Y a des marins qui dorment

Comme des oriflammes

Le long des berges mornes

 

Dans le port d'Amsterdam

Y a des marins qui meurent

Pleins de bière et de drames

Aux premières lueurs

 

Mais dans le port d'Amsterdam

Y a des marins qui naissent

Dans la chaleur épaisse

Des langueurs océanes

 

[2]

Dans le port d'Amsterdam

Y a des marins qui mangent

Sur des nappes trop blanches

Des poissons ruisselant

 

Ils vous montrent des dents

A croquer la fortune

A décroisser la lune

A bouffer des haubans

 

Et ça sent la morue

Jusque dans le cœur des frites

Que leurs grosses mains invitent

A revenir en plus

 

Puis se lèvent en riant

Dans un bruit de tempête

Referment leur braguette

Et sortent en rotant

 

[3]

Dans le port d'Amsterdam

Y a des marins qui dansent

En se frottant la panse

Sur la panse des femmes

 

Et ils tournent et ils dansent

Comme des soleils crachés

Dans le son déchiré

D'un accordéon rance

 

Ils se tordent le cou

Pour mieux s'entendre rire

Jusqu'à ce que tout à coup

L'accordéon expire

 

Alors le geste grave

Alors le regard fier

Ils ramènent leur batave

Jusqu'en pleine lumière

 

[4]

Dans le port d'Amsterdam

Y a des marins qui boivent

Et qui boivent et reboivent

Et qui reboivent encore

 

Ils boivent à la santé

Des putains d'Amsterdam

De Hambourg ou d'ailleurs

Enfin ils boivent aux dames

 

Qui leur donnent leur joli corps

Qui leur donnent leur vertu

Pour une pièce en or

Et quand ils ont bien bu

 

Se plantent le nez au ciel

Se mouchent dans les étoiles

Et ils pissent comme je pleure

Sur les femmes infidèles

 

Dans le port d'Amsterdam

Dans le port d'Amsterdam