La foule 群衆

作詞  Michel Rivgauche ミッシェル・リヴゴーシュ

作曲  Ángel Cabral アンヘル・カブラル

歌  Édith Piaf エディット・ピアフ

発表年  1958年

 

・Karafun収録曲

・カラオケDAM収録曲

 

La Foule - Édith Piaf

 

Youtube活用メモ

一緒に歌う場合は、テンポを遅めにしたり、ループ再生にすると便利です。

画面をクリックすると右下に出る「歯車マーク」をクリックして、「再生速度」を 0.75 か 0.5 に設定しましょう。

画面を長押し(パソコンの場合は右クリック)して「ループ再生」をオンにしましょう。

Youtubeサイトに移動せずに本サイト上で再生するとCMが入りません。

 

歌う前の確認事項

歌う前に以下のことをご確認ください。できるだけ正しいフランス語を発音するために、とても大切なポイントです。

⇒ 「フランス語発音のポイント」「本サイトのルビについて」「歌う前の準備~歌ってみよう」で詳しく解説していますのでご参照ください。

⇒ フランス語シャンソン初心者の方は、「フランス語で歌うシャンソン入門講座」から始めてください。

 

本サイト独自のルビ表記と発音について

r」は「」で表記。口の奥(喉に近いところ)を震わせて発音します。

★「鼻母音」については、鼻から息を抜きながら母音を発音する(口を閉じて「ン」と発音しない)ので、本サイトでは母音や子音のカタカナ表記の横に「」を添えて鼻母音を表記しています。軽く鼻腔を閉じて息を抜くイメージです。

①「an, em, en, em」は、口を大きく縦に開けた「ア~」と「オ~」の中間のような音。青字で「オ~」「コ~」「ソ~」「ト~」など青字で表記。「r」につくときは「」と表記しています。

②「in, im, ein, ain, un, um」は口を横に開いた「エ」の形で「ア~」鼻から抜いて発音

③「on, om」は、口を丸くすぼめて鼻から「オ~」と発音

 

リエゾンやアンシェンヌマンについて

リエゾンやアンシェヌマンしている箇所には下線を引いてあります。

 

日本語訳

日本語訳や曲の解説をしているお勧めのサイトはこちらです。

朝倉ノニーの歌物語「La foule 群衆」

 

「La foule 群衆」歌詞

単語一つずつではなく、歌のメロディやフレーズに合わせてルビの区切りを入れてあります。同じ歌手でもアレンジやバージョンによって、また別の歌手が歌う場合なども、歌詞が異なる場合があります。

 

「La foule 群衆」の発音のポイント

ピアフは「r」を巻き舌で発音していますが、皆さまは本サイトの案内のように発音していただいて大丈夫です。

「r」の発音については、「本サイトのルビについて」の中で詳しく解説していますのでご参照ください。

 

印刷用歌詞(PDF)

印刷する場合は歌詞(ルビつき&ルビなし)のPDFをダウンロードしてカラー印刷してください。

「La foule 群衆」歌詞(PDF)

 

ルビつき歌詞

短めにフレーズを区切って表記していますが、スマホの場合は画面を横長にしてスクロールしながらご覧ください。

 

「La foule 群衆」

 

[1]

Je revois la ville ente et

ジュ ヴォワラ ヴィロ~ フェ

en délire

オ~デリー

Suffoquant sous le soleil

スュフォコ~ スゥルソレイユ

et sous la joie

エ スゥラ ジョワ

Et j'entends dans la musique

ジョ~ト~ ド~ラミュズイク

les cris, les rires

レク、レ

Qui éclatent et

キ エクラ

rebondissent autour de moi

ボ~ディッス トゥー ドゥモワ

 

Et perdue parmi ces gens

エ ペデュ パミセ ジョ~

qui me bousculent

キム ブゥスキュゥル

Étourdie, désemparée,

エトゥディ、デゾ~

je reste là

ジュ ストゥラ

Quand soudain, je me retourne,

コ~スゥダ~、ジュム トゥヌ、

il se recule,

イル スキュゥル、

Et la foule vient me jeter

エ ラフゥル ヴィア~ ムジュテ

entre ses bras

オ~トゥ セブ

 

Emportés par la foule

オ~テ パラ フゥル

qui nous traîne

キヌ トゥーヌ

Nous entraîne

ヌゥゾ~ トゥーヌ

Écrasés

エク

l'un contre l'autre

ラ~ コ~トゥ ロートゥ

Nous ne formons

ヌゥヌ フォモ~

qu'un seul corps

カ~ スァルコー

 

Et le flot sans effort

エ ルフロ ソ~フォー

Nous pousse, enchaînés

ヌゥプゥッソ~シェーネ

l'un et l'autre

ラ~ ロートゥ

Et nous laisse tous deux

エ ヌゥレッス トゥドゥ

Épanouis, enivrés et heureux

パヌゥイ ニヴ

 

Entraînés par la foule qui s'élance

オ~トゥネ パラ フゥル キ セロ~

Et qui danse

エキ ド~

Une folle farandole

ユヌ フォル ファドール

Nos deux mains restent soudées

ノドゥマ~ ストゥ スゥデ

 

 

Et parfois soulevés

エ パフォワ スゥレヴェ

Nos deux corps enlacés s'envolent

ノドゥ コー ゾ~ラセ ソ~ヴォル

Et retombent tous deux

ト~ブ トゥドゥ

Épanouis, enivrés et heureux

パヌゥイ、ニヴ

 

<間奏>

 

[2]

Et la joie éclaboussée

エ ラジョワ エクラブゥッセ

par son sourire

ソ~スゥ

Me transperce et rejaillit

ム トゥスペ ジャイー

au fond de moi

フォ~ドゥ モワ

Mais soudain je pousse un cri

メ スゥダ~ ジュプゥッサ~

parmi les rires

ミレ

Quand la foule vient l'arracher

コ~ラ フゥルヴィア~ ラシェ

d'entre mes bras

ド~トゥ メブ

 

Emportés par la foule qui nous traîne

オ~テ パラ フゥル キヌゥ トゥーヌ

Nous entraîne

ヌゥゾ~トゥーヌ

Nous éloigne l'un de l'autre

ヌゥロワーニュ ラ~ドゥ ロートゥ

Je lutte et je me débats

ジュ リュッ ジュムデバ

 

Mais le son de ma voix

メルソ~ ドゥマヴォワ

S'étouffe dans les rires des autres

セトゥフ ド~ ドゥゾートゥ

Et je crie de douleur,

エジュク ドゥドゥルァー

de fureur et de rage

ドゥフュァー ドゥージュ

Et je pleure

エジュ プルァー

 

Et traînée par la foule qui s'élance

エトゥーネ パラ フゥル キ セロ~

Et qui danse

エ キ ド~

Une folle farandole

ユヌフォル ファドール

Je suis emportée au loin

ジュスュイ ゾ~テ オロワン

 

Et je crispe mes poings,

エジュ クスプ メポワン、

maudissant la foule qui me vole

モディッソ~ ラフゥル キ ム ヴォル

L'homme qu'elle m'avait donné

ロンム ケルマヴェ ドネ

Et que je n'ai jamais retrouvé

エク ジュネ ジャメ トゥゥヴェ

 


カラオケで歌う場合には、「カラオケで歌ってみよう」でフランス語で歌うときのポイントを解説していますのでご参照ください。

 

フランス語歌詞(ルビなし)

リエゾン、アンシェンヌマンの箇所に下線をつけてあります。

 

「La foule」

 

[1]

Je revois la ville ente et

en délire

Suffoquant sous le soleil

et sous la joie

Et j'entends dans la musique

les cris, les rires

Qui éclatent et

rebondissent autour de moi

 

Et perdue parmi ces gens

qui me bousculent

Étourdie, désemparée,

je reste là

Quand soudain, je me retourne,

il se recule,

Et la foule vient me jeter

entre ses bras

 

Emportés par la foule

qui nous traîne

Nous entraîne

Écrasés

l'un contre l'autre

Nous ne formons

qu'un seul corps

 

Et le flot sans effort

Nous pousse, enchaînés

l'un et l'autre

Et nous laisse tous deux

Épanouis, enivrés et heureux

 

Entraînés par la foule qui s'élance

Et qui danse

Une folle farandole

Nos deux mains restent soudées

 

Et parfois soulevés

Nos deux corps enlacés s'envolent

Et retombent tous deux

Épanouis, enivrés et heureux

 

<間奏>

 

[2]

Et la joie éclaboussée

par son sourire

Me transperce et rejaillit

au fond de moi

Mais soudain je pousse un cri

parmi les rires

Quand la foule vient l'arracher

d'entre mes bras

 

Emportés par la foule qui nous traîne

Nous entraîne

Nous éloigne l'un de l'autre

Je lutte et je me débats

 

Mais le son de ma voix

S'étouffe dans les rires des autres

Et je crie de douleur,

de fureur et de rage

Et je pleure

 

Et traînée par la foule qui s'élance

Et qui danse

Une folle farandole

Je suis emportée au loin

 

Et je crispe mes poings,

maudissant la foule qui me vole

L'homme qu'elle m'avait donné

Et que je n'ai jamais retrouvé