Emmenez-moi 世界の果てに

Charles Aznavour シャルル・アズナヴールのEmmenez-moi 世界の果てに」

作詞&作曲  Charles Aznavour シャルル・アズナヴール

歌   Charles Aznavour シャルル・アズナヴール

発表年  1967年

 

・Karafun収録曲

 

「世界中からやってくる貨物船は、南の国の香りを運んでくる。北の空しか知らない苦痛に満ちた人生から逃れて、太陽の輝く常夏の島へ僕を連れて行ってほしいと、港にたたずんで夢を描く」

エネルギッシュに歌う45歳のシャルル。50年後、自身の棺が国葬で送られ、この曲が演奏されるとは夢にも思っていなかったことでしょう。それほどフランス人に愛されてきたアズナブールの代表曲です。

Emmenez-moi - Charles Aznavour (1969)

 

亡くなる3年前のコンサートで力強く歌うシャルル、とても91歳とは思えません。数々の名曲を残して、最期まで歌い続け、愛され続けた偉大なアーティストでした。

Emmenez-moi - Charles Aznavour (2015)

 

アマチュアコーラスグループと一流アーティストたちが共演するという企画のフランスTVの音楽番組で、「Emmenez moi」を歌うKendji Girac ケンジ・ジラク。2014年に「The Voice」というオーディション番組で優勝して一躍スターになった実力派のケンジの歌も、そのうちにご紹介しようと思います。

フランスおよびフランス語圏の国々には、英語圏同様にあらゆる音楽ジャンルに素晴らしいアーティストがたくさんいますが、日本ではほとんど知られていないのが残念だと常々思っています。日本の若い世代の方々はもちろんのこと、シニア世代のハートにも訴えかける素敵な曲が数多くありますので、今後は積極的にご紹介していこうと考えているところです。

Emmenez-moi - Kendji Girac

 

Youtube活用メモ

一緒に歌う場合は、テンポを遅めにしたり、ループ再生にすると便利です。

画面をクリックすると右下に出る「歯車マーク」をクリックして、「再生速度」を 0.75 か 0.5 に設定しましょう。

画面を長押し(パソコンの場合は右クリック)して「ループ再生」をオンにしましょう。

Youtubeサイトに移動せずに本サイト上で再生するとCMが入りません。

※すぐ歌われる場合は、目次の「ルビつき歌詞」をクリックしてください。

歌う前の確認事項

歌う前に以下のことをご確認ください。できるだけ正しいフランス語を発音するために、とても大切なポイントです。

⇒ 「フランス語発音のポイント」「本サイトのルビについて」「歌う前の準備~歌ってみよう」で詳しく解説していますのでご参照ください。

⇒ フランス語シャンソン初心者の方は、「フランス語で歌うシャンソン入門講座」から始めてください。

 

本サイト独自のルビ表記と発音について

r」は「」で表記。口の奥(喉に近いところ)を震わせて発音します。

★「鼻母音」については、鼻から息を抜きながら母音を発音する(口を閉じて「ン」と発音しない)ので、本サイトでは母音や子音のカタカナ表記の横に「」を添えて鼻母音を表記しています。軽く鼻腔を閉じて息を抜くイメージです。

①「an, em, en, em」は、口を大きく縦に開けた「ア~」と「オ~」の中間のような音。青字で「オ~」「コ~」「ソ~」「ト~」など青字で表記。「r」につくときは「」と表記しています。

②「in, im, ein, ain, un, um」は口を横に開いた「エ」の形で「ア~」と鼻から抜いて発音

③「on, om」は、口を丸くすぼめて鼻から「オ~」と発音

 

リエゾンやアンシェンヌマンについて

リエゾンやアンシェヌマンしている箇所には下線を引いてあります。

 

日本語訳

日本語訳や曲の解説をしているお勧めのサイトはこちらです。

朝倉ノニーの歌物語「Emmenez-moi 世界の果てに」

 

「Emmenez-moi 世界の果てに」歌詞

単語一つずつではなく、歌のメロディやフレーズに合わせてルビの区切りを入れてあります。同じ歌手でもアレンジやバージョンによって、また別の歌手が歌う場合なども、歌詞が異なる場合があります。

 

「Emmenez-moi 世界の果てに」の発音・歌い方のポイント

〈*1〉Emmenez-moi」は「ムネ ムワ」と表記しましたが、「オ」に近い「ア」です。

それにしても超早口言葉の歌詞ですので、歌ってみるには決意が必要ですけれど、挑戦し甲斐はあると思います。0.5くらいのゆっくり再生でないとついて行けないかもしれません。

 

印刷用歌詞(PDF)

印刷する場合は歌詞(ルビつき&ルビなし)のPDFをダウンロードしてカラー印刷してください。

「Emmenez-moi 世界の果てに」歌詞(PDF)

 

ルビつき歌詞

短めにフレーズを区切って表記していますが、スマホの場合は画面を横長にしてスクロールしながらご覧ください。

「Emmenez-moi 世界の果てに」

[1]

Vers les docks où le poids et l'ennui,

ヴェレ ドック ウゥル プワエ ロ~ニュイ、

me courbent le dos

ム クゥブ ルドー

Ils arrivent le ventre alourdi

イル ヴル ヴォ~ ルゥディ

de fruits, les bateaux

ドゥフュイ、レ バトー

 

Ils viennent du bout du monde,

イル ヴィエンヌ デュ ブゥデュ モ~ドゥ、

apportant avec eux,

アポト~ ヴェクゥ

des idées vagabondes,

ズィデ ヴァガボ~ドゥ、

aux reflets de ciels bleus

フレ ドゥスィエル ブルゥ

De mirages...

ドゥ ミージュ

 

Traînant un parfum poivré

ノ~タ~ファ~ プワヴ

de pays inconnus

ドゥ ペイ ザンコニュ

et d'éternels étés,

エ デテネル テ、

où l'on vit presque nus

ウゥロ~ヴィ プスク ニュ

Sur les plages...

スュレ プラージュ

 

Moi qui n'ai connu toute ma vie

ムワ キ ネ コニュ トゥトゥ マヴィ

que le ciel du nord

ク ルスィエル デュノー

J'aimerais débarbouiller ce gris,

ジェム デバブゥイエ ス グ

en virant de bord

オ~ヴィ ドゥ ボー

 

[Refrain]

Emmenez-moi au bout de la terre  〈*1〉

ムネ ムワ オ ブゥ ドゥラ テー

Emmenez-moi au pays des merveilles

アムネ ムワ オ ペイ デ メヴェイユ

Il me semble que la misère

イルム ソ~ブル ク ラミゼー

Serait moins pénible au soleil

ムワ~ ペニブ ソレイユ

 

[2]

Dans les bars à la tombée du jour,

ド~レ バ アラ ト~ベ デュジュー

avec les marins

アヴェク レ マ

 

Quand on parle de filles et d'amour,

コ~ト~ パル ドゥフィーユ エ ダムゥー

un verre à la main

ア~ヴェー ラ マ~

 

Je perds la notion des choses

ジュ ペーラ ノスィヨン デショウズ

et soudain ma pensée m'enlève

エ スゥダ~ マポ~モ~レーヴ

et me dépose un merveilleux é

エム デポウザ~ヴェイユゥ

Sur la grève...

スュラ グーヴ

 

Où je vois tendant les bras l'amour qui,

ウゥジュヴワ ト~ド~ レブ ラムゥーキ、

comme un fou,

コンマ~ フゥ、

court au devant de moi

クゥー ドゥヴォ~ ドゥムワ

et je me pends au cou

エ ジュム ポ~ オクゥ

De mon rêve...

ドゥ モ~ ーヴ

 

Quand les bars ferment,

コ~レ バ フェルム、

que les marins rejoignent leur bord

クレ マジョワニュ ルァー ボー

Moi je rêve encore jusqu'au matin

ムワ ジュ ヴォ~ コー ジュスコ マタ~

debout sur le port

ドゥブゥ スュ ルポー

 

[Refrain]

Emmenez-moi au bout de la terre

アムネ ムワ オ ブゥ ドゥラ テー

Emmenez-moi au pays des merveilles

アムネ ムワ オ ペイ デ メヴェイユ

Il me semble que la misère

イルム ソ~ブル ク ラミゼー

Serait moins pénible au soleil

ムワ~ ペニブ ソレイユ

 

[3]

Un beau jour sur un rafiot craquant

ア~ボー ジュ スュ フィオ クコ~

de la coque au pont

ドゥラ コ ポ~

 

Pour partir je travaillerais

プゥティー ジュ トラヴァイヨ

dans la soute à charbon

ド~ラ スゥ シャボ~

 

Prenant la route qui mène à mes rêves d'enfant,

ノ~ゥトゥキ メーーヴ ド~フォ~

sur des îles lointaines

スュズィル ルワ~テーヌ

où rien n'est important

ウゥア~ ネタ~ト~

Que de vivre...

ク ドゥ ヴィヴ

 

Où les filles alanguies

ウゥレ フィーユ ロ~

vous ravissent le cœur en tressant,

ヴゥ ヴィス ルクァーソ~

m'a-t-on dit, de ces colliers de fleurs

マト~ディ、ドゥセ コリエ ドゥ フルァー

Qui enivrent...

キ オニヴ

 

Je fuirais laissant là mon passé,

ジュ フュイソ~ラ モ~ パッセ、

sans aucun remords

ソ~ カ~ モー

Sans bagage et le cœur libéré,

ソ~バガージュ エル クァー リベ

en chantant très fort

オ~ショ~ト~ フォー

 

[Refrain]

Emmenez-moi au bout de la terre

アムネ ムワ オ ブゥ ドゥラ テー

Emmenez-moi au pays des merveilles

アムネ ムワ オ ペイ デ メヴェイユ

Il me semble que la misère

イルム ソ~ブル ク ラミゼー

Serait moins pénible au soleil

ムワ~ ペニブ ソレイユ

 

[Refrain]

Emmenez-moi au bout de la terre

アムネ ムワ オ ブゥ ドゥラ テー

Emmenez-moi au pays des merveilles

アムネ ムワ オ ペイ デ メヴェイユ

Il me semble que la misère

イルム ソ~ブル ク ラミゼー

Serait moins pénible au soleil

ムワ~ ペニブ ソレイユ

 

[Ending]

La-la-la-la, la-li, la-la-la

ララララ、ラリ、ラララ

La-la-la-li, la-la-li, la-la-la

ラララリ、ララリ、ラララ

La-la-la-la, la, la-la-la-li-la-la

ララララ、ラ、ラララリララ

La-li, la-la-li, la-la-la

ラリ、ララリ、ラララ

 

La-la-la-la, la-li, la-la-la

ララララ、ラリ、ラララ

La-la-la-li, la-la-li, la-la-la

ラララリ、ララリ、ラララ

La-la-la-li...

ラララリ...

 

フランス語歌詞(ルビなし)

リエゾン、アンシェンヌマンの箇所に下線をつけてあります。

「Emmenez-moi」

[1]

Vers les docks où le poids et l'ennui,

me courbent le dos

Ils arrivent le ventre alourdi de fruits,

les bateaux

 

Ils viennent du bout du monde,

apportant avec eux,

des idées vagabondes,

aux reflets de ciels bleus

De mirages...

 

Traînant un parfum poivré

de pays inconnus

et d'éternels étés,

où l'on vit presque nus

Sur les plages...

 

Moi qui n'ai connu toute ma vie

que le ciel du nord

J'aimerais débarbouiller ce gris,

en virant de bord

 

[Refrain]

Emmenez-moi au bout de la terre

Emmenez-moi au pays des merveilles

Il me semble que la misère

Serait moins pénible au soleil

 

[2]

Dans les bars à la tombée du jour,

avec les marins

 

Quand on parle de filles et d'amour,

un verre à la main

 

Je perds la notion des choses

et soudain ma pensée m'enlève

et me dépose un merveilleux é

Sur la grève...

 

Où je vois tendant les bras l'amour qui,

comme un fou,

court au devant de moi

et je me pends au cou

De mon rêve...

 

Quand les bars ferment,

que les marins rejoignent leur bord

Moi je rêve encore jusqu'au matin

debout sur le port

 

[Refrain]

Emmenez-moi au bout de la terre

Emmenez-moi au pays des merveilles

Il me semble que la misère

Serait moins pénible au soleil

[3]

Un beau jour sur un rafiot craquant

de la coque au pont

 

Pour partir je travaillerais

dans la soute à charbon

 

Prenant la route qui mène à mes rêves d'enfant,

sur des îles lointaines

où rien n'est important

Que de vivre...

 

Où les filles alanguies

vous ravissent le cœur en tressant,

m'a-t-on dit, de ces colliers de fleurs

Qui enivrent...

 

Je fuirais laissant là mon passé,

sans aucun remords

Sans bagage et le cœur libéré,

en chantant très fort

 

[Refrain]

Emmenez-moi au bout de la terre

Emmenez-moi au pays des merveilles

Il me semble que la misère

Serait moins pénible au soleil

 

[Refrain]

Emmenez-moi au bout de la terre

Emmenez-moi au pays des merveilles

Il me semble que la misère

Serait moins pénible au soleil

 

[Ending]

La-la-la-la, la-li, la-la-la

La-la-la-li, la-la-li, la-la-la

La-la-la-la, la, la-la-la-li-la-la

La-li, la-la-li, la-la-la

 

La-la-la-la, la-li, la-la-la

La-la-la-li, la-la-li, la-la-la

La-la-la-li...