Un automne à Paris あるパリの秋

Louane ルアンヌの「Un automne à Paris パリの秋」のフランス語カタカナルビつき歌詞PDF

作詞  Amin Maalouf アミン・マーロフ

作曲  Ibrahim Maalouf イブラヒム・マーロフ

歌  Louane ルアンヌ

発表年  2016年

 

2015年にパリで発生した大規模テロ事件の犠牲者たちを悼んで作られた曲です。

 

プラタナスの枯れ葉舞う、パリの美しい風景が描かれ、

「いいえ、私は後悔しない」(Non, je ne regrette rien)

「パナム」(Paname パリを意味するスラング)など

エディット・ピアフやルイ・フェレなどのシャンソンのタイトルや、

 

アポリネールやプルーストなどの文学者の名前、

革命やレジスタンスのスローガン、

などが歌詞の中に織りこまれ、

 

彼らによって築かれてきたパリの自由を守るために

苦しみ、倒れたすべての人々のために

二度と恐怖が訪れないことを願いながら

私たちは手を取りあって共に歌い

永遠の自由を願う

と歌う、自由とパリを愛する心にあふれた曲です。

 

作詞をしたアミン・マーロフは、レバノン内戦時に難民としてパリに移住した著名な作家・ジャーナリスト。自らの経験が平和への祈りにつながる歌詞になっているのだと納得しました。

作曲をした甥のイブラヒム・マーロフは、レバノン出身パリ育ちのトランペット奏者で、数々の国際的な音楽賞を受賞し、映画音楽の作曲やプロデュースでも活躍しているアーティストです。

ルアンヌは、17歳のときに出場したオーディション番組「The Voice」で注目を集めて18歳でデビューし、女優としても活躍する人気アーティスト。デビュー直前に両親を相次いで亡くした彼女の歌には深い陰影が感じられ、静かに胸に響きます。

曲が始まるまでに17秒くらいかかりますが、「2015年1月と11月のテロ犠牲者を追悼した曲です」というテロップに続いて、イブラヒム・マーロフの指揮によるフランス国立管弦楽団の演奏をバックに、ルアンヌが情感をこめて歌っています。

Un automne à Paris - Louane & Ibrahim Maalouf

 

パリの美しい秋の風景に癒されながら聴いてみましょう。

Un automne a Paris - Louane

 

Youtube活用メモ

一緒に歌う場合は、テンポを遅めにしたり、ループ再生にすると便利です。

画面をクリックすると右下に出る「歯車マーク」をクリックして、「再生速度」を 0.75 か 0.5 に設定しましょう。

画面を長押し(パソコンの場合は右クリック)して「ループ再生」をオンにしましょう。

Youtubeサイトに移動せずに本サイト上で再生するとCMが入りません。

※すぐ歌われる場合は、目次の「ルビつき歌詞」をクリックしてください。

歌う前の確認事項

歌う前に以下のことをご確認ください。できるだけ正しいフランス語を発音するために、とても大切なポイントです。

⇒ 「フランス語発音のポイント」「本サイトのルビについて」「歌う前の準備~歌ってみよう」で詳しく解説していますのでご参照ください。

⇒ フランス語シャンソン初心者の方は、「フランス語で歌うシャンソン入門講座」から始めてください。

 

本サイト独自のルビ表記と発音について

r」は「」で表記。口の奥(喉に近いところ)を震わせて発音します。

★「鼻母音」については、鼻から息を抜きながら母音を発音する(口を閉じて「ン」と発音しない)ので、本サイトでは母音や子音のカタカナ表記の横に「」を添えて鼻母音を表記しています。軽く鼻腔を閉じて息を抜くイメージです。

①「an, em, en, em」は、口を大きく縦に開けた「ア~」と「オ~」の中間のような音。青字で「オ~」「コ~」「ソ~」「ト~」など青字で表記。「r」につくときは「」と表記しています。

②「in, im, ein, ain, un, um」は口を横に開いた「エ」の形で「ア~」と鼻から抜いて発音

③「on, om」は、口を丸くすぼめて鼻から「オ~」と発音

 

リエゾンやアンシェンヌマンについて

リエゾンやアンシェヌマンしている箇所には下線を引いてあります。

 

日本語訳

日本語訳や曲の解説をしているお勧めのサイトはこちらです。

朝倉ノニーの歌物語「あるパリの秋」

 

「Un automne à Paris あるパリの秋」歌詞

単語一つずつではなく、歌のメロディやフレーズに合わせてルビの区切りを入れてあります。同じ歌手でもアレンジやバージョンによって、また別の歌手が歌う場合なども、歌詞が異なる場合があります。

 

「Un automne à Paris あるパリの秋」の歌い方のポイント

〈*1〉「Refrain 1」と〈*2〉「Refrain 2」の2種類のルフランが繰り返されますが、歌詞は同じでもメロディが異なる場合があります。

 

印刷用歌詞(PDF)

印刷する場合は歌詞(ルビつき&ルビなし)のPDFをダウンロードしてカラー印刷してください。

「Un automne à Paris あるパリの秋」歌詞(PDF)

 

ルビつき歌詞

短めにフレーズを区切って表記していますが、スマホの場合は画面を横長にしてスクロールしながらご覧ください。

Un automne à Paris あるパリの秋

[1]

[Refrain 1]  〈*1〉

À l'amie qui est tombée,

ア ラミ キエ ト~ベ、

Une chanson sur les lèvres,

ユヌ ショ~ソ~ スュ レ レーヴ

Ensemble nous chanterons,

オ~ソ~ブル ヌゥ ショ~トゥ~、

Main dans la main.

マ~ ド~ ラ マ~

 

[Refrain 2]  〈*2〉

Pour tous ceux qui sont tombés,

プゥ トゥ スゥ キ ソ~ ト~ベ、

Pour tous ceux qui ont pleuré,

プゥ トゥ スゥ キ オ~ プルァ

Ensemble nous resterons,

オ~ソ~ブル ヌゥ ストゥ~、

Main dans la main.

マ~ ド~ ラ マ~

 

Pour Paris, ses quais, sa brume,

プゥ、セケ、サ ブュム、

La plage sous ses pavés,

ラ プラージュ スゥセ パヴェ、

La brise qui fait danser,

ラ ブズ キフェ ド~セ、

Ses feuilles mortes.

セ フォイユ モートゥ、

 

Paris, ses flâneurs, ses ombres,

、セ フラヌァー、セゾ~

Ses amoureux qui roucoulent,

ムゥゥ キ ゥクゥル、

Ses bancs publics, ses platanes,

ボ~ ピュブリク、セ プラタヌ、

Ses feuilles mortes.

セ フォイユ モートゥ

 

Paris qui s'éveille à l'aube,

キ セヴェイ ローブ、

Deux cafés noirs en terrasse,

ドゥ カフェ ヌワーッス、

Un jardinier qui moissonne

ア~ ジャディニエ キ ムワッソンヌ

Ses feuilles mortes.

セ フォイユ モートゥ

 

[Refrain 1]

À l'amie qui est tombée,

ア ラミ キエ ト~ベ、

Une chanson sur les lèvres,

ユヌ ショ~ソ~ スュ レ レーヴ

Ensemble nous chanterons,

オ~ソ~ブル ヌゥ ショ~トゥ~、

Main dans la main.

マ~ ド~ ラ マ~

 

[2]

A ceux qui se sont battus

ア スゥ キス ソ~ バテュ

Pour que Paris reste libre,

プゥ ク パ ストゥ リーブ

Que Paris reste Paris

ク パり れストゥ パ

La tête haute.

ラ テートゥ オートゥ

 

Aux hommes qui sont venus

ゾンム キソ~ ヴニュ

Des quatre coins de la terre,

デ カトゥ コワ~ ドゥラ テー

Dans l'unique espoir de vivre

ド~ リュニーク エスプワー ドゥ ヴィヴ

La tête haute.

ラ テートゥ オートゥ

 

Aux femmes qui ont subi,

オ ファンム キオ~ スュビ、

Humiliations et violences,

ユミリアスィヨ~ エ ヴィオロ~ス、

Pour avoir osé garder

プゥヴワー ゼ ガ

La tête haute.

ラ テートゥ オートゥ

 

[Refrain 2]

Pour tous ceux qui sont tombés,

プゥ トゥ スゥ キ ソ~ ト~ベ、

Pour tous ceux qui ont pleuré,

プゥ トゥ スゥ キ オ~ プルァ

Ensemble nous resterons,

オ~ソ~ブル ヌゥ ストゥ~、

Main dans la main.

マ~ ド~ ラ マ~

 

Nous reprendrons les accents

ヌゥ ~ レソ~

Des aînés qui ne sont plus.

ネ キ ヌ  ソ~ プリュ

Leurs mots au milieu des nôtres,

ルァー モ オ ミリウ デ ノート

Nous chanterons.

ヌゥ ショ~トゥ

 

“J'ai deux amours”

「ジェ ドゥムゥー

“Douce France”

「ドゥス フス」

“Non, je ne regrette rien”,

「ノ~、ジュ ヌ ットゥ ア~」

“Ami, entends-tu”, “Paname”

「アミ、オ~ト~テュ」、「パナム」

Nous chanterons.

ヌゥ ショ~トゥ

 

Dans la langue de Racine,

ド~ロ~グ ドゥ スィーヌ、

De Senghor, d’Apollinaire

ドゥ ソ~ゴー、ダポリネー

De Proust, de Kateb Yacine,

ドゥ プゥスト、ドゥ カテブ・ヤスィーヌ、

Nous chanterons.

ヌゥ ショ~トゥ

 

[Refrain 1]

À l'amie qui est tombée,

ア ラミ キエ ト~ベ、

Une chanson sur les lèvres,

ユヌ ショ~ソ~ スュ レ レーヴ

Ensemble nous chanterons,

オ~ソ~ブル ヌゥ ショ~トゥ~、

Main dans la main.

マ~ ド~ ラ マ~

 

[3]

À vous tous qui gardez foi

ア ヴゥ トゥス キ ガデ フワ

En la dignité de l'homme,

オ~ ラ ディニテ ドゥ ロンム、

Dans tous les pays du monde,

ド~ トゥ レ ペイ デュ モ~ドゥ、

Et pour toujours.

エ プゥ トゥジュー

 

L'avenir vous appartient,

ラヴニー ヴゥティア~、

Il vous donnera raison,

イル ヴゥ ドヌら れゾ~、

Il sera à votre image,

イル スゥ ア ヴォトマージュ、

Et pour toujours.

エ プゥ トゥジュール

 

Vous pourrez voir refluer

ヴゥ プゥ ヴワーる るフリュエ

Le fanatisme, la haine,

ル ファナティズム、ラ エーヌ、

L'aveuglement, l'ignorance,

ラヴグルモ~、リニョス、

Et pour toujours.

エ プゥ トゥジュー

 

[Refrain 1]

À l'amie qui est tombée,

ア ラミ キエ ト~ベ、

Une chanson sur les lèvres,

ユヌ ショ~ソ~ スュ レ レーヴ

Ensemble nous chanterons,

オ~ソ~ブル ヌゥ ショ~トゥ~、

Main dans la main.

マ~ ド~ ラ マ~

 

[Refrain 2]

Pour tous ceux qui sont tombés,

プゥ トゥ スゥ キ ソ~ ト~ベ、

Pour tous ceux qui ont pleuré,

プゥ トゥ スゥ キ オ~ プルァ

Ensemble nous resterons,

オ~ソ~ブル ヌゥ ストゥ~、

Main dans la main.

マ~ ド~ ラ マ~

 

Que jamais plus la terreur

ク ジャメ プリュ ラ テァー

Ne vienne souiller nos villes,

ヌ ヴィエンヌ スゥイエ ノ ヴィル、

Ni jamais jamais la haine

ニ ジャメ ジャメ ラ エーヌ

Souiller nos cœurs.

スゥイエ ノ クァー

 

Que la musique demeure,

ク ラ ミュズィーク ドゥムァー

Dans nos rues comme en nos âmes,

ド~ュ コモ~ーム、

Pour toujours un témoignage

プゥ トゥジュー ア~ テムワニャージュ

De liberté.

ドゥ リベ

 

フランス語歌詞(ルビなし)

リエゾン、アンシェンヌマンの箇所に下線をつけてあります。

Un automne à Paris

[1]

[Refrain 1]

À l'amie qui est tombée,

Une chanson sur les lèvres,

Ensemble nous chanterons,

Main dans la main.

 

[Refrain 2]

Pour tous ceux qui sont tombés,

Pour tous ceux qui ont pleuré,

Ensemble nous resterons,

Main dans la main.

 

Pour Paris, ses quais, sa brume,

La plage sous ses pavés,

La brise qui fait danser,

Ses feuilles mortes.

 

Paris, ses flâneurs, ses ombres,

Ses amoureux qui roucoulent,

Ses bancs publics, ses platanes,

Ses feuilles mortes.

 

Paris qui s'éveille à l'aube,

Deux cafés noirs en terrasse,

Un jardinier qui moissonne

Ses feuilles mortes.

 

[Refrain 1]

À l'amie qui est tombée,

Une chanson sur les lèvres,

Ensemble nous chanterons,

Main dans la main.

 

[2]

A ceux qui se sont battus

Pour que Paris reste libre,

Que Paris reste Paris

La tête haute.

 

Aux hommes qui sont venus

Des quatre coins de la terre,

Dans l'unique espoir de vivre

La tête haute.

 

Aux femmes qui ont subi,

Humiliations et violences,

Pour avoir osé garder

La tête haute.

 

[Refrain 2]

Pour tous ceux qui sont tombés,

Pour tous ceux qui ont pleuré,

Ensemble nous resterons,

Main dans la main.

 

Nous reprendrons les accents

Des aînés qui ne sont plus.

Leurs mots au milieu des nôtres,

Nous chanterons.

 

“J'ai deux amours”

“Douce France”

“Non, je ne regrette rien”,

“Ami, entends-tu”, “Paname”

Nous chanterons.

 

Dans la langue de Racine,

De Senghor, d’Apollinaire

De Proust, de Kateb Yacine,

Nous chanterons.

 

[Refrain 1]

À l'amie qui est tombée,

Une chanson sur les lèvres,

Ensemble nous chanterons,

Main dans la main.

 

[3]

À vous tous qui gardez foi

En la dignité de l'homme,

Dans tous les pays du monde,

Et pour toujours.

 

L'avenir vous appartient,

Il vous donnera raison,

Il sera à votre image,

Et pour toujours.

 

Vous pourrez voir refluer

Le fanatisme, la haine,

L'aveuglement, l'ignorance,

Et pour toujours.

 

[Refrain 1]

À l'amie qui est tombée,

Une chanson sur les lèvres,

Ensemble nous chanterons,

Main dans la main.

 

[Refrain 2]

Pour tous ceux qui sont tombés,

Pour tous ceux qui ont pleuré,

Ensemble nous resterons,

Main dans la main.

 

Que jamais plus la terreur

Ne vienne souiller nos villes,

Ni jamais jamais la haine

Souiller nos cœurs.

 

Que la musique demeure,

Dans nos rues comme en nos âmes,

Pour toujours un témoignage

De liberté.