Il venait d'avoir 18 ans 18歳の彼

作詞 Pascal Sevran パスカル・セヴラン

作曲 Pascal Auriat パスカル・オーリア

歌 Dalida ダリダ

発表年  1973年

 

・Karafun収録曲

 

Il venait d'avoir 18 ans – Dalida

 

イタリア系でエジプト育ちのダリダの歌は訛りが強いので、フランス語の正しい発音で覚えるならLara Fabianララ・ファビアンの歌を参考になさってください。

Il venait d'avoir 18 ans – Lara Fabian

 

Youtube活用メモ

一緒に歌う場合は、テンポを遅めにしたり、ループ再生にすると便利です。

画面をクリックすると右下に出る「歯車マーク」をクリックして、「再生速度」を 0.75 か 0.5 に設定しましょう。

画面を長押し(パソコンの場合は右クリック)して「ループ再生」をオンにしましょう。

Youtubeサイトに移動せずに本サイト上で再生するとCMが入りません。

 

歌う前の確認事項

歌う前に以下のことをご確認ください。できるだけ正しいフランス語を発音するために、とても大切なポイントです。

⇒ 「フランス語発音のポイント」「本サイトのルビについて」「歌う前の準備~歌ってみよう」で詳しく解説していますのでご参照ください。

⇒ フランス語シャンソン初心者の方は、「フランス語で歌うシャンソン入門講座」から始めてください。

 

本サイト独自のルビ表記と発音について

r」は「」で表記。口の奥(喉に近いところ)を震わせて発音します。

★「鼻母音」については、鼻から息を抜きながら母音を発音する(口を閉じて「ン」と発音しない)ので、本サイトでは母音や子音のカタカナ表記の横に「」を添えて鼻母音を表記しています。軽く鼻腔を閉じて息を抜くイメージです。

①「an, em, en, em」は、口を大きく縦に開けた「ア~」と「オ~」の中間のような音。青字で「オ~」「コ~」「ソ~」「ト~」など青字で表記。「r」につくときは「」と表記しています。

②「in, im, ein, ain, un, um」は口を横に開いた「エ」の形で「ア~」鼻から抜いて発音

③「on, om」は、口を丸くすぼめて鼻から「オ~」と発音

 

リエゾンやアンシェンヌマンについて

リエゾンやアンシェヌマンしている箇所には下線を引いてあります。

 

日本語訳

日本語訳や曲の解説をしているお勧めのサイトはこちらです。

朝倉ノニーの歌物語「Il venait d'avoir 18 ans 18歳の彼」

 

「Il venait d'avoir 18 ans 18歳の彼」歌詞

単語一つずつではなく、歌のメロディやフレーズに合わせてルビの区切りを入れてあります。同じ歌手でもアレンジやバージョンによって、また別の歌手が歌う場合なども、歌詞が異なる場合があります。

 

印刷用歌詞(PDF)

印刷する場合は歌詞(ルビつき&ルビなし)のPDFをダウンロードしてカラー印刷してください。

「Il venait d'avoir 18 ans 18歳の彼」歌詞(PDF)

 

ルビつき歌詞

短めにフレーズを区切って表記していますが、スマホの場合は画面を横長にしてスクロールしながらご覧ください。

「Il venait d'avoir 18 ans 18歳の彼」

Il venait d'avoir dix-huit ans

イル ヴネ ダヴォワー ディズュイト~

Il était beau comme un enfant

テボー コンマ~ノ~フォ~

Fort comme un homme

フォ コンマ~ノンム

C'était l'été évidemment

セテレテ エヴィダモ~

Et j'ai compté en le voyant

エジェ コ~テ オ~ ル ヴォワイヨ~

Mes nuits d'automne

メニュイ ドトンヌ

 

J'ai mis de l'ordre à mes cheveux

ジェミ ドゥ ロドゥ メシュヴゥ

Un peu plus de noir sur mes yeux

ア~プゥ プリュドゥノワー スュズィ

Ça l'a fait rire

サラフェ

Quand il s'est approché de moi

コ~ティルセ シェ ドゥモワ

J'aurais donné n'importe quoi

ジョ ドネ ナ~ポトゥ クワ

Pour le séduire

ル セデュイー

 

Il venait d'avoir dix-huit ans

イルヴネ ダヴォワー ディズュイト~

C'était le plus bel argument de sa victoire

セテ ルプリュ ベギュモ~ ドゥサ ヴィクトワー

Il ne m'a pas parlé d'amour

イルヌマパ パレ ダムゥー

Il pensait que les mots d'amour

イルポ~セ ク レモ ダムゥー

Sont dérisoires

ソ~ デゾワー

 

Il m'a dit : "J'ai envie de toi"

イルマディ 「ジェ オ~ヴィ ドゥトワ」

Il avait vu au cinéma "Le blé en herbe"

ヴェ ヴュ オ スィネマ 「ル ブレ オ~ブ」

Au creux d'un lit improvisé

オクゥ ダ~リ ア~プヴィゼ

J'ai découvert émerveillée

ジェ デクゥヴェーヴェイエ

Un ciel superbe

ア~スィエル スュペ

 

Il venait d'avoir dix-huit ans

イルヴネ ダヴォワー ディズュイト~

Ça le rendait presque insolent de certitude

サルロ~デ プカ~ロ~ ドゥ セティテュードゥ

Et pendant qu'il se rhabillait

ポ~ド~ キル スビエ

Déjà vaincue je retrouvais, ma solitude

デジャ ヴァ~キュ ジュ トゥゥヴェ、マ ソリテュードゥ

 

J'aurais voulu le retenir

ジョ ヴゥリュ ル トゥニー

Pourtant je l'ai laissé partir

プゥト~ ジュ レ レッセ パティー

sans faire un geste

ソ~フェー ジェストゥ

Il m'a dit : "C'était pas si mal"

イルマディ 「セテ パスィマル」

Avec la candeur infernale de sa jeunesse

アヴェク ラコ~ドァー フェナール ドゥサ ジュネッス

 

J'ai mis de l'ordre à mes cheveux

ジェミドゥ ロドゥ メ シュヴゥ

Un peu plus de noir sur mes yeux

ア~プゥ プリュドゥノワー スュズィ

Par habitude

ビテュードゥ

 

J'avais oublié simplement

ジャヴェ ズゥブリエ サ~プルモ~

Que j'avais deux fois

クジャヴェ ドゥフォワ

dix-huit ans

ディズュイト~

 

 

 


 

フランス語歌詞(ルビなし)

リエゾン、アンシェンヌマンの箇所に下線をつけてあります。

「Il venait d'avoir 18 ans」

Il venait d'avoir dix-huit ans

Il était beau comme un enfant

Fort comme un homme

C'était l'été évidemment

Et j'ai compté en le voyant

Mes nuits d'automne

 

J'ai mis de l'ordre à mes cheveux

Un peu plus de noir sur mes yeux

Ça l'a fait rire

Quand il s'est approché de moi

J'aurais donné n'importe quoi

Pour le séduire

 

Il venait d'avoir dix-huit ans

C'était le plus bel argument de sa victoire

Il ne m'a pas parlé d'amour

Il pensait que les mots d'amour

Sont dérisoires

 

Il m'a dit : "J'ai envie de toi"

Il avait vu au cinéma "Le blé en herbe"

Au creux d'un lit improvisé

J'ai découvert émerveillée

Un ciel superbe

 

Il venait d'avoir dix-huit ans

Ça le rendait presque insolent de certitude

Et pendant qu'il se rhabillait

Déjà vaincue je retrouvais, ma solitude

 

J'aurais voulu le retenir

Pourtant je l'ai laissé partir

sans faire un geste

Il m'a dit : "C'était pas si mal"

Avec la candeur infernale de sa jeunesse

 

J'ai mis de l'ordre à mes cheveux

Un peu plus de noir sur mes yeux

Par habitude

 

J'avais oublié simplement

Que j'avais deux fois

dix-huit ans