La Bohème ラ・ボエーム

作詞・作曲 Charles Aznavour シャルル・アズナヴール

歌  Charles Aznavour シャルル・アズナヴール

発表年  1965年

 

・Karafun収録曲

・カラオケDAM収録曲

 

La Bohème - Charles Aznavour

 

Youtube活用メモ

一緒に歌う場合は、テンポを遅めにしたり、ループ再生にすると便利です。

画面をクリックすると右下に出る「歯車マーク」をクリックして、「再生速度」を 0.75 か 0.5 に設定しましょう。

画面を長押し(パソコンの場合は右クリック)して「ループ再生」をオンにしましょう。

Youtubeサイトに移動せずに本サイト上で再生するとCMが入りません。

 

歌う前の確認事項

歌う前に以下のことをご確認ください。できるだけ正しいフランス語を発音するために、とても大切なポイントです。

⇒ 「フランス語発音のポイント」「本サイトのルビについて」「歌う前の準備~歌ってみよう」で詳しく解説していますのでご参照ください。

⇒ フランス語シャンソン初心者の方は、「フランス語で歌うシャンソン入門講座」から始めてください。

 

本サイト独自のルビ表記と発音について

r」は「」で表記。口の奥(喉に近いところ)を震わせて発音します。

★「鼻母音」については、鼻から息を抜きながら母音を発音する(口を閉じて「ン」と発音しない)ので、本サイトでは母音や子音のカタカナ表記の横に「」を添えて鼻母音を表記しています。軽く鼻腔を閉じて息を抜くイメージです。

①「an, em, en, em」は、口を大きく縦に開けた「ア~」と「オ~」の中間のような音。青字で「オ~」「コ~」「ソ~」「ト~」など青字で表記。「r」につくときは「」と表記しています。

②「in, im, ein, ain, un, um」は口を横に開いた「エ」の形で「ア~」と鼻から抜いて発音

③「on, om」は、口を丸くすぼめて鼻から「オ~」と発音

 

リエゾンやアンシェンヌマンについて

リエゾンやアンシェヌマンしている箇所には下線を引いてあります。

 

日本語訳

日本語訳や曲の解説をしているお勧めのサイトはこちらです。

⇒ 朝倉ノニーの歌物語「La Bohème ラ・ボエーム」

 

「La Bohème ラ・ボエーム」歌詞

単語一つずつではなく、歌のメロディやフレーズに合わせてルビの区切りを入れてあります。同じ歌手でもアレンジやバージョンによって、また別の歌手が歌う場合なども、歌詞が異なる場合があります。

 

印刷用歌詞(PDF)

印刷する場合は歌詞(ルビつき&ルビなし)のPDFをダウンロードしてカラー印刷してください。

「La Bohème ラ・ボエーム」歌詞(PDF)

 

ルビつき歌詞

短めにフレーズを区切って表記していますが、スマホの場合は画面を横長にしてスクロールしながらご覧ください。

 

「La Bohème ラ・ボエーム」

[1]

Je vous parle d'un temps

ジュ ヴゥ パル ダ~ ト~

Que les moins de vingt ans

クレ モワ~ ドゥ ヴァ~ト~

Ne peuvent pas connaître

ヌ プォヴ パ コネートゥ

 

Montmartre en ce temps-là

モ~マトゥト~

Accrochait ses lilas

アクシェ セリラ

Jusque sous nos fenêtres

ジュスク スゥノ フネートゥ

 

Et si l'humble garni

エ スィ ラ~ブル ギャ

Qui nous servait de nid

キヌ セヴェドゥニ

Ne payait pas de mine

ヌ ペイエ パ ドゥミーヌ

 

C'est là qu'on s'est connu

セ ラ コ~ セ コニュ

Moi qui criait famine

モワ キ クエ ファミーヌ

Et toi qui posais nue

エ トワ キ ポゼ ニュ

 

La bohème, la bohème

ラ ボエーム、ラ ボエーム

Ça voulait dire

サヴレ ディー

On est heureux

オ~ トゥ

 

La bohème, la bohème

ラ ボエーム、ラ ボエーム

Nous ne mangions

ヌゥ ヌ モ~ジヨ~

qu'un jour sur deux

カ~ジュー スュドゥ

 

[2]

Dans les cafés voisins

ド~レ キャフェ ヴォアザ~

Nous étions quelques-uns

ヌゥティヨ~ ケルクザ~

Qui attendions la gloire

キ アト~ディヨ~ ラグロワー

 

Et bien que miséreux

エ ビア~ クミゼ

Avec le ventre creux

アヴェク ルヴォ~トゥ

Nous ne cessions d'y croire

ヌゥ ヌセスィヨ~ ディ クワー

 

Et quand quelque bistro

コ~ ケルクビストゥ

Contre un bon repas chaud

コ~トゥ ボ~ パショー

Nous prenait une toile

ヌゥ プテュヌ トワール

 

Nous récitions des vers

ヌゥ スィティヨ~ デヴェー

Groupés autour du poêle

ゥペ トゥー デュポアール

en oubliant l'hiver

オ~ブリオ~ リヴェー

 

La bohème, la bohème

ラ ボエーム、ラ ボエーム

Ça voulait dire tu es jolie

サヴゥレディー テュエ ジョリ

 

La bohème, la bohème

ラ ボエーム、ラ ボエーム

Et nous avions tous du génie

エ ヌゥ ヴィヨ~ トゥ デュ ジェニ

 

[3]

Souvent il m'arrivait

スゥヴォ~ ティル マヴェ

Devant mon chevalet

ドゥヴォ~ モ~ シュヴァレ

De passer des nuits blanches

ドゥパセ デニュイ ブロ~シュ

 

Retouchant le dessin

トゥショ~ ルデサ~

De la ligne d'un sein

ドゥラ リーニュ ダ~サ~

du galbe d'une hanche

デュ ギャルブ デュ ノ~シュ

 

Et ce n'est qu'au matin

エ スネ コマタ~

Qu'on s'asseyait enfin

コ~ サセイエト~ァ~

Devant un café-crème

ドゥヴォ~タ~ キャフェクーム

 

Épuisés mais ravis

エピュイゼ メヴィ

Fallait-il que l'on s'aime

ファレティル ク ロ~ セーム

Et qu'on aime la vie

エ コ~ ネーム ラヴィ

 

La bohème, la bohème

ラ ボエーム、ラ ボエーム

Ça voulait dire

サヴゥレ ディー

On a vingt ans

オ~ ヴァ~ト~

 

La bohème, la bohème

ラ ボエーム、ラ ボエーム

Et nous vivions

エ ヌゥ ヴィヴィヨ~

de l'air du temps

ドゥ レー デュ ト~

 

[4]

Quand au hasard des jours

コ~トー アザー デジュー

Je m'en vais faire un tour

ジュ モ~ヴェ フェートゥー

À mon ancienne adresse

ア モ~ノ~スィエン ドゥッス

 

Je ne reconnais plus

ジュヌ コネ プリュ

Ni les murs, ni les rues

ニレミュー、ニレ

Qui ont vu ma jeunesse

キオ~ ヴュマ ジュネッス

 

En haut d'un escalier

オ~ノー ダ~ スカリエ

Je cherche l'atelier

ジュ シェシュ ラトリエ

Dont plus rien ne subsiste

ド~ プリュア~ ヌ スュブズィストゥ

 

Dans son nouveau décor

ド~ ソ~ ヌゥヴォー デコー

Montmartre semble triste

モkアマト~ ソ~ブル トゥストゥ

Et les lilas sont morts

エ レリラ ソ~モー

 

La bohème, la bohème

ラ ボエーム、ラ ボエーム

On était jeunes

オ~テ ジュォンヌ

On était fous

オ~テ フゥ

 

La bohème, la bohème

ラ ボエーム、ラ ボエーム

Ça ne veut plus rien dire du tout

サ ヌ ヴ プリュ ア~ ディー デュ トゥ

 


★カラオケで歌う場合には、「カラオケで歌ってみよう」でフランス語で歌うときのポイントを解説していますのでご参照ください。

 

フランス語歌詞(ルビなし)

リエゾン、アンシェンヌマンの箇所に下線をつけてあります。

 

「La Bohème」

[1]

Je vous parle d'un temps

Que les moins de vingt ans

Ne peuvent pas connaître

 

Montmartre en ce temps-là

Accrochait ses lilas

Jusque sous nos fenêtres

 

Et si l'humble garni

Qui nous servait de nid

Ne payait pas de mine

 

C'est là qu'on s'est connu

Moi qui criait famine

Et toi qui posais nue

 

La bohème, la bohème

Ça voulait dire

On est heureux

 

La bohème, la bohème

Nous ne mangions

qu'un jour sur deux

 

[2]

Dans les cafés voisins

Nous étions quelques-uns

Qui attendions la gloire

 

Et bien que miséreux

Avec le ventre creux

Nous ne cessions d'y croire

 

Et quand quelque bistro

Contre un bon repas chaud

Nous prenait une toile

 

Nous récitions des vers

Groupés autour du poêle

en oubliant l'hiver

 

La bohème, la bohème

Ça voulait dire tu es jolie

 

La bohème, la bohème

Et nous avions tous du génie

 

[3]

Souvent il m'arrivait

Devant mon chevalet

De passer des nuits blanches

 

Retouchant le dessin

De la ligne d'un sein

du galbe d'une hanche

 

Et ce n'est qu'au matin

Qu'on s'asseyait enfin

Devant un café-crème

 

Épuisés mais ravis

Fallait-il que l'on s'aime

Et qu'on aime la vie

 

La bohème, la bohème

Ça voulait dire

On a vingt ans

 

La bohème, la bohème

Et nous vivions

de l'air du temps

 

[4]

Quand au hasard des jours

Je m'en vais faire un tour

À mon ancienne adresse

 

Je ne reconnais plus

Ni les murs, ni les rues

Qui ont vu ma jeunesse

 

En haut d'un escalier

Je cherche l'atelier

Dont plus rien ne subsiste

 

Dans son nouveau décor

Montmartre semble triste

Et les lilas sont morts

 

La bohème, la bohème

On était jeunes

On était fous

 

La bohème, la bohème

Ça ne veut plus rien dire du tout