Le métèque 異国の人

作詞 & 作曲  Georges Moustaki ジョルジュ・ムスタキ

歌   Georges Moustaki ジョルジュ・ムスタキ

発表年  1968年

 

・Karafun収録曲

・カラオケDAM収録曲

 

1969年のテレビ番組「ヒットパレード」のスタジオ・ライヴ動画です。隣にはFrançoise Hardy フランソワーズ・アルディが座っていて、当時のミュージックシーンを彷彿させます。

Le métèque - Georges Moustaki

 

Youtube活用メモ

一緒に歌う場合は、テンポを遅めにしたり、ループ再生にすると便利です。

画面をクリックすると右下に出る「歯車マーク」をクリックして、「再生速度」を 0.75 か 0.5 に設定しましょう。

画面を長押し(パソコンの場合は右クリック)して「ループ再生」をオンにしましょう。

Youtubeサイトに移動せずに本サイト上で再生するとCMが入りません。

 

歌う前の確認事項

歌う前に以下のことをご確認ください。できるだけ正しいフランス語を発音するために、とても大切なポイントです。

⇒ 「フランス語発音のポイント」「本サイトのルビについて」「歌う前の準備~歌ってみよう」で詳しく解説していますのでご参照ください。

⇒ フランス語シャンソン初心者の方は、「フランス語で歌うシャンソン入門講座」から始めてください。

 

本サイト独自のルビ表記と発音について

r」は「」で表記。口の奥(喉に近いところ)を震わせて発音します。

★「鼻母音」については、鼻から息を抜きながら母音を発音する(口を閉じて「ン」と発音しない)ので、本サイトでは母音や子音のカタカナ表記の横に「」を添えて鼻母音を表記しています。軽く鼻腔を閉じて息を抜くイメージです。

①「an, em, en, em」は、口を大きく縦に開けた「ア~」と「オ~」の中間のような音。青字で「オ~」「コ~」「ソ~」「ト~」など青字で表記。「r」につくときは「」と表記しています。

②「in, im, ein, ain, un, um」は口を横に開いた「エ」の形で「ア~」鼻から抜いて発音

③「on, om」は、口を丸くすぼめて鼻から「オ~」と発音

 

リエゾンやアンシェンヌマンについて

リエゾンやアンシェヌマンしている箇所には下線を引いてあります。

 

日本語訳

日本語訳や曲の解説をしているお勧めのサイトはこちらです。

朝倉ノニーの歌物語「Le métèque 異国の人」

 

「Le métèque 異国の人」歌詞

単語一つずつではなく、歌のメロディやフレーズに合わせてルビの区切りを入れてあります。同じ歌手でもアレンジやバージョンによって、また別の歌手が歌う場合なども、歌詞が異なる場合があります。

 

印刷用歌詞(PDF)

印刷する場合は歌詞(ルビつき&ルビなし)のPDFをダウンロードしてカラー印刷してください。

「Le métèque 異国の人」歌詞(PDF)

 

ルビつき歌詞

短めにフレーズを区切って表記していますが、スマホの場合は画面を横長にしてスクロールしながらご覧ください。

 

「Le métèque 異国の人」

 

Avec ma gueule de métèque

アヴェク マ グァル ドゥ メテーク

De Juif errant, de pâtre grec

ドゥ ジュイフェ、ドゥ パトゥ

Et mes cheveux aux quatre vents

エ メ シュヴゥゾォ カートゥ ヴォ~

 

Avec mes yeux tout délavés

アヴェク メズィウ トゥ デラヴェ

Qui me donnent l'air de rêver

キ ム ドヌ レー ドゥ ヴェ

Moi qui ne rêve plus souvent

モワ キ ヌ ーヴ プリュ スゥヴォ~

 

Avec mes mains de maraudeur

アヴェク メ マ~ ドゥ マドァー

De musicien et de rôdeur

ドゥ ミュズィスイア~ エ ドゥ ドァー

Qui ont pillé tant de jardins

キ オ~ ピエ ト~ ドゥ ジャダ~

 

Avec ma bouche qui a bu

アヴェク マ ブゥシュ キ ア ビュ

Qui a embrassé et mordu

キ ア オ~セェデュ

Sans jamais assouvir sa faim

ソ~ ジャメ スゥヴィー サ ファ~

 

Avec ma gueule de métèque

アヴェク マ グァル ドゥ メテーク

De Juif errant, de pâtre grec

ドゥ ジュイフェ、ドゥ パトゥ

De voleur et de vagabond

ドゥ ヴォルァー エ ドゥ ヴァガボ~

 

Avec ma peau qui s'est frottée

アヴェク マ ポー キ セ フッテ

Au soleil de tous les étés

オーソレイユ ドゥ トゥ レ

Et tout ce qui portait jupon

エ トゥ ス キ ポテ ジュポ~

 

Avec mon cœur qui a su faire

アヴェク モ~ クァー キ ア スュ フェー

Souffrir autant qu'il a souffert

スゥフト~ スゥフェー

Sans pour cela faire d'histoires

ソ~ プゥ スラ フェー ディストワー

 

Avec mon âme qui n'a plus

アヴェク モーム キ ナ プリュ

La moindre chance de salut

ラモワンドゥ ショ~ス ドゥ サリュ

Pour éviter le purgatoire

プゥヴィテ ル ピュガトワー

 

Avec ma gueule de métèque

アヴェク マ グァル ドゥ メテーク

De Juif errant, de pâtre grec

ドゥ ジュイフェ、ドゥ パートゥ

Et mes cheveux aux quatre vents

エ メ シュヴゥゾォ カトゥ ヴォ~

 

Je viendrai, ma douce captive

ジュ ヴィア~ドゥ、マ ドゥス カプティヴ

Mon âme sœur, ma source vive

モ~ナーム スァー、マ スゥス ヴィヴ

Je viendrai boire tes vingt ans

ジュ ヴィア~ドゥ ボワー テ ヴァ~ト~

 

Et je serai prince de sang

エ ジュ ス~ス ドゥ ソ~

Rêveur ou bien adolescent

ヴァー ウゥ ビア~ドレソ~

Comme il te plaira de choisir

コンル トゥ プレ ドゥ ショワズイー

 

Et nous ferons de chaque jour

エ ヌゥ フン ドゥ シャク ジュー

Toute une éternité d'amour

トゥテュネニテ ダムゥー

Que nous vivrons à en mourir

ク ヌ ヴィヴ オ~ ムゥ

 

Et nous ferons de chaque jour

エ ヌゥ フン ドゥ シャク ジュー

Toute une éternité d'amour

トゥテュネニテ ダムゥー

Que nous vivrons à en mourir

ク ヌ ヴィヴ オ~ ムゥ

 


カラオケで歌う場合には、「カラオケで歌ってみよう」でフランス語で歌うときのポイントを解説していますのでご参照ください。

 

フランス語歌詞(ルビなし)

リエゾン、アンシェンヌマンの箇所に下線をつけてあります。

 

「Le métèque」

 

Avec ma gueule de métèque

De Juif errant, de pâtre grec

Et mes cheveux aux quatre vents

 

Avec mes yeux tout délavés

Qui me donnent l'air de rêver

Moi qui ne rêve plus souvent

 

Avec mes mains de maraudeur

De musicien et de rôdeur

Qui ont pillé tant de jardins

 

Avec ma bouche qui a bu

Qui a embrassé et mordu

Sans jamais assouvir sa faim

 

Avec ma gueule de métèque

De Juif errant, de pâtre grec

De voleur et de vagabond

 

Avec ma peau qui s'est frottée

Au soleil de tous les étés

Et tout ce qui portait jupon

 

Avec mon cœur qui a su faire

Souffrir autant qu'il a souffert

Sans pour cela faire d'histoires

 

Avec mon âme qui n'a plus

La moindre chance de salut

Pour éviter le purgatoire

 

Avec ma gueule de métèque

De Juif errant, de pâtre grec

Et mes cheveux aux quatre vents

 

Je viendrai, ma douce captive

Mon âme sœur, ma source vive

Je viendrai boire tes vingt ans

 

Et je serai prince de sang

Rêveur ou bien adolescent

Comme il te plaira de choisir

 

Et nous ferons de chaque jour

Toute une éternité d'amour

Que nous vivrons à en mourir

 

Et nous ferons de chaque jour

Toute une éternité d'amour

Que nous vivrons à en mourir