Mademoiselle de Paris パリのお嬢さん

作曲   Henry Contet アンリ・コンテ

歌   Jacqueline François ジャクリーヌ・フランソワ

発表年  1948年

 

・Karafun収録曲 (オリジナル版歌詞)

・カラオケDAM収録曲 (オリジナル版歌詞かどうか未確認)

 

Mademoiselle de Paris - Jacqueline François(オリジナル版歌詞)

 

Youtube活用メモ

一緒に歌う場合は、テンポを遅めにしたり、ループ再生にすると便利です。

画面をクリックすると右下に出る「歯車マーク」をクリックして、「再生速度」を 0.75 か 0.5 に設定しましょう。

画面を長押し(パソコンの場合は右クリック)して「ループ再生」をオンにしましょう。

Youtubeサイトに移動せずに本サイト上で再生するとCMが入りません。

 

歌う前の確認事項

歌う前に以下のことをご確認ください。できるだけ正しいフランス語を発音するために、とても大切なポイントです。

⇒ 「フランス語発音のポイント」「本サイトのルビについて」「歌う前の準備~歌ってみよう」で詳しく解説していますのでご参照ください。

⇒ フランス語シャンソン初心者の方は、「フランス語で歌うシャンソン入門講座」から始めてください。

 

本サイト独自のルビ表記と発音について

r」は「」で表記。口の奥(喉に近いところ)を震わせて発音します。

★「鼻母音」については、鼻から息を抜きながら母音を発音する(口を閉じて「ン」と発音しない)ので、本サイトでは母音や子音のカタカナ表記の横に「」を添えて鼻母音を表記しています。軽く鼻腔を閉じて息を抜くイメージです。

①「an, em, en, em」は、口を大きく縦に開けた「ア~」と「オ~」の中間のような音。青字で「オ~」「コ~」「ソ~」「ト~」など青字で表記。「r」につくときは「」と表記しています。

②「in, im, ein, ain, un, um」は口を横に開いた「エ」の形で「ア~」と鼻から抜いて発音

③「on, om」は、口を丸くすぼめて鼻から「オ~」と発音

 

リエゾンやアンシェンヌマンについて

リエゾンやアンシェヌマンしている箇所には下線を引いてあります。

 

日本語訳

日本語訳や曲の解説をしているお勧めのサイトはこちらです。

朝倉ノニーの歌物語「Mademoiselle de Paris パリのお嬢さん」

 

「Mademoiselle de Paris パリのお嬢さん」歌詞

単語一つずつではなく、歌のメロディやフレーズに合わせてルビの区切りを入れてあります。同じ歌手でもアレンジやバージョンによって、また別の歌手が歌う場合なども、歌詞が異なる場合があります。

 

「Mademoiselle de Paris パリのお嬢さん」の歌詞について

ヴァージョンによって後半の歌詞が一部違う場合がありますが、本サイトではオリジナル版の歌詞を掲載しています。

 

印刷用歌詞(PDF)

印刷する場合は歌詞(ルビつき&ルビなし)のPDFをダウンロードしてカラー印刷してください。

「Mademoiselle de Paris パリのお嬢さん」歌詞(PDF)

 

ルビつき歌詞

短めにフレーズを区切って表記していますが、スマホの場合は画面を横長にしてスクロールしながらご覧ください。

 

「Mademoiselle de Paris パリのお嬢さん」

[1]

On l'appelle Mademoiselle de Paris

オ~ ラペル マドゥモワゼル ドゥ パ

Et sa vie c'est un petit peu la nôtre

エサ ヴィ セタ~ プティ プゥラ ノートゥ

Son royaume c'est la rue d'Rivoli

ソ~ワヨーム セラりュ ドゥヴォリ

Son destin, c'est d'habiller les autres

ソ~ デスタ~、セ タビエ レ ゾートゥ

 

On dit qu'elle est petite main

オ~ ディ ケ プゥティトゥ マ~

Et s'il est vrai qu'elle n'est pas grande

エ スィ ケル ネパ グ~ドゥ

Que de bouquets et de guirlandes

ク ドゥ ブケ エ ドゥ ギロ~ドゥ

A-t-elle semés sur nos chemins.

アテル スメ スュ ノ シュマ~

 

Elle chante un air de son faubourg

エル ショ~ タ~ネー ドゥ ソ~ フォブゥー

Elle rêve à des serments d'amour

エル ヴ ア デ セモ~ ダムゥー

Elle pleure et plus souvent qu'à son tour

エル プルァ エ プリュ スヴォ~ カ ソ~ トゥー

Mademoiselle de Paris

マドゥモワゼル ドゥ パ

 

Elle donne tout le talent qu’elle a

エル ドンヌ トゥル タロ~

Pour faire un bal à l'Opéra

プゥ フェー ア~ バ ロペ

Et file, à la porte des Lilas

エ フィル、ア ラ ポトゥ デリラ

Mademoiselle de Paris

マドゥモワゼル ドゥ パ

 

Il fait beau

イル フェ ボー

Et là-haut

エ ラオー

Elle va coudre un cœur à son manteau

エルヴァ クゥードゥ クァー ア ソ~ モ~トー

 

[2]

Mais le cœur d'une enfant de Paris

メ ル クァー デュノ~フォ~ ドゥ パ

C'est pareil aux bouquets de violettes

セ パ ブケ ドゥ ヴィオレットゥ

On l'attache au corsage un samedi

オ~ ラタショサージャ~ サムディ

Le dimanche on le perd à la fête

ル ディモ~ショ~ ル ペー ラ フェートゥ

 

Adieu guinguette, adieu garçon

アディウ ギャ~ゲットゥ、アディウ ギャソ~

La voilà seule avec sa peine

ラ ヴォアラ スァヴェク サ ペーヌ

Et recommence la semaine,

モ~ス ラ スメーヌ

Et recommence la chanson

コモ~ス ラ ショ~ソ~

 

Elle chante un air de son faubourg

エル ショ~ タ~ネ ソ~ フォブゥー

Elle rêve à des serments d'amour

エル ヴ ア デ セモ~ ダムゥー

Elle pleure et plus souvent qu'à son tour

エル プルァ エ プリュ スヴォ~ カ ソ~ トゥー

Mademoiselle de Paris

マドゥモワゼル ドゥ パ

 

Elle donne un peu de ses vingt ans

エル ド~ ナ~プゥ ドゥ セ ヴァ~ト~

Pour faire une collection d'printemps

プゥ フェー ユヌ コレクスィヨ~ ドゥプト~

Et seule s'en va rêver sur un banc

エ スァル ソ~ ヴァ ヴェ スュー ボ~

Mademoiselle de Paris

マドゥモワゼル ドゥ パ

 

Trois petits tours

トゥワ プティ トゥー

Un bonjour

ア~ ボ~ジュー

Elle oublie qu'elle a pleuré d'amour

ルゥブリ ケ プルァ ダムゥー

 

Elle vole à petits pas pressés

エル ヴォル ア プティ パ プッセ

Elle court vers les Champs Elysées

エル クゥー ヴェショ~ゼリゼ

Et donne un peu de son déjeuner

エ ドンヌ ア~ プゥ ドゥ ソ~ デジュネ

Aux moineaux des Tuileries

オー モワノー デ テュイル

 

Elle fredonne

エル フドンヌ

Elle sourit...

エル スゥ

Et voilà Mademoiselle de Paris.

エ ヴォワラ マドゥモワゼル ドゥ パ

 


カラオケで歌う場合には、「カラオケで歌ってみよう」でフランス語で歌うときのポイントを解説していますのでご参照ください。

 

フランス語歌詞(ルビなし)

リエゾン、アンシェンヌマンの箇所に下線をつけてあります。

 

「Mademoiselle de Paris」

[1]

On l'appelle Mademoiselle de Paris

Et sa vie c'est un petit peu la nôtre

Son royaume c'est la rue d'Rivoli

Son destin, c'est d'habiller les autres

 

On dit qu'elle est petite main

Et s'il est vrai qu'elle n'est pas grande

Que de bouquets et de guirlandes

A-t-elle semés sur nos chemins.

 

Elle chante un air de son faubourg

Elle rêve à des serments d'amour

Elle pleure et plus souvent qu'à son tour

Mademoiselle de Paris

 

Elle donne tout le talent qu’elle a

Pour faire un bal à l'Opéra

Et file, à la porte des Lilas

Mademoiselle de Paris

 

Il fait beau

Et là-haut

Elle va coudre un cœur à son manteau

 

[2]

Mais le cœur d'une enfant de Paris

C'est pareil aux bouquets de violettes

On l'attache au corsage un samedi

Le dimanche on le perd à la fête

 

Adieu guinguette, adieu garçon

La voilà seule avec sa peine

Et recommence la semaine,

Et recommence la chanson

 

Elle chante un air de son faubourg

Elle rêve à des serments d'amour

Elle pleure et plus souvent qu'à son tour

Mademoiselle de Paris

 

Elle donne un peu de ses vingt ans

Pour faire une collection d'printemps

Et seule s'en va rêver sur un banc

Mademoiselle de Paris

 

Trois petits tours

Un bonjour

Elle oublie qu'elle a pleuré d'amour

 

Elle vole à petits pas pressés

Elle court vers les Champs Elysées

Et donne un peu de son déjeuner

Aux moineaux des Tuileries

 

Elle fredonne

Elle sourit...

Et voilà Mademoiselle de Paris.