Un ange 天使

Carla Bruni カルラ・ブルーニの「Un ange 天使」

作詞  Carla Bruni カルラ・ブルーニ

作曲   Michel Amsellem ミシェル・アムセレム

歌  Carla Bruni カルラ・ブルーニ

発表年  2020年

 

2020年にリリースされたアルバム「Carla Bruni カルラ・ブルーニ」に収蔵された曲。

「つらく希望のない日々に、偶然、天使に出会って優しい翼の下に抱かれる幸せ。天使は確かに存在するけど、翼は透明だし、いつどこに現れるかわからないの。だから出会いのたびに気をつけてね」

カルラが独特のハスキーボイスで優しく歌い上げる、心癒される曲です。

 

オフィシャルサイトから。

Un ange - Carla Bruni

 

スタジオ録音中のメイキングビデオです。

Un ange - Carla Bruni

 

Youtube活用メモ

一緒に歌う場合は、テンポを遅めにしたり、ループ再生にすると便利です。

画面をクリックすると右下に出る「歯車マーク」をクリックして、「再生速度」を 0.75 か 0.5 に設定しましょう。

画面を長押し(パソコンの場合は右クリック)して「ループ再生」をオンにしましょう。

Youtubeサイトに移動せずに本サイト上で再生するとCMが入りません。

※すぐ歌われる場合は、目次の「ルビつき歌詞」をクリックしてください。

 

歌う前の確認事項

歌う前に以下のことをご確認ください。できるだけ正しいフランス語を発音するために、とても大切なポイントです。

⇒ 「フランス語発音のポイント」「本サイトのルビについて」「歌う前の準備~歌ってみよう」で詳しく解説していますのでご参照ください。

⇒ フランス語シャンソン初心者の方は、「フランス語で歌うシャンソン入門講座」から始めてください。

 

本サイト独自のルビ表記と発音について

r」は「」で表記。口の奥(喉に近いところ)を震わせて発音します。

★「鼻母音」については、鼻から息を抜きながら母音を発音する(口を閉じて「ン」と発音しない)ので、本サイトでは母音や子音のカタカナ表記の横に「」を添えて鼻母音を表記しています。軽く鼻腔を閉じて息を抜くイメージです。

①「an, em, en, em」は、口を大きく縦に開けた「ア~」と「オ~」の中間のような音。青字で「オ~」「コ~」「ソ~」「ト~」など青字で表記。「r」につくときは「」と表記しています。

②「in, im, ein, ain, un, um」は口を横に開いた「エ」の形で「ア~」と鼻から抜いて発音

③「on, om」は、口を丸くすぼめて鼻から「オ~」と発音

 

リエゾンやアンシェンヌマンについて

リエゾンやアンシェヌマンしている箇所には下線を引いてあります。

 

「Un ange 天使」歌詞

単語一つずつではなく、歌のメロディやフレーズに合わせてルビの区切りを入れてあります。同じ歌手でもアレンジやバージョンによって、また別の歌手が歌う場合なども、歌詞が異なる場合があります。

 

「Un ange 天使」の発音・歌い方のポイント

〈*1〉〈*2〉2ヶ所の [Refrain] は、メロディは同じですが、一部歌詞が異なっています。

〈*3〉「à l'aimer ア レメ」の「l'aimer レメ」を歌っていないバージョンがありますが、皆さまは歌いましょう。

 

印刷用歌詞(PDF)

印刷する場合は歌詞(ルビつき&ルビなし)のPDFをダウンロードしてカラー印刷してください。

「Un ange 天使」歌詞(PDF)

 

ルビつき歌詞

短めにフレーズを区切って表記していますが、スマホの場合は画面を横長にしてスクロールしながらご覧ください。

「Un ange 天使」

[1]

Certains jours de chance,

タ~ ジュー ドゥ ショ~ス、

il arrive que l'on croise un ange

ヴ ク ロ~ クザ~ノ~ジュ

Et puis qu’il nous prenne

エ ピュイ キル ヌゥ プ

sous son aile un instant

スゥ ソ~イ アナ~ト~

Certains jours féroces,

タ~ ジュー フェス、

quand dans la morsure

コ~ ド~ ラ モスュー

de l'angoisse

ドゥ ロ~グワッス

Un ange parfois,

ア~ノ~ジュ パフワ、

quelque part nous attend

ケルク パー ヌゥ ト~

 

[Refrain]  〈*1〉

Et l'on n’peut pas s'empêcher

エ ロ~ヌ プゥパ ソ~ペシェ

De vouloir le posséder

ドゥ ヴゥルワー ル ポセデ

Tout contre soi le garder,

トゥ コ~ト スワ ル ガデ、

hmm, hmm

ウムー、ウムー

Et l'on n'peut pas s'empêcher

エ ロ~ヌ プゥパ ソ~ペシェ

De vouloir l'emprisonner

ドゥ ヴゥルワー ロ~ゾネ

Rien que pour soi le garder

ア~ ク プゥ スワ ル ガ

 

[2]

Cruelle est l'absence,

ュエ ラブソ~ス、

inquiète et fragile

ア~キエジル

l'existence

レグズィスト~

Comme une feuille d’automne

コンミュヌ フォイユ ドト~ヌ

qui vole et vole au vent

キ ヴォ ヴォ ヴォ~

Amère est l’errance,

アメース、

si frêle et fanée l'espérance

スィ フ ファネ レスペ

Mais voilà que les anges

メ ヴワラ ク レゾ~ジュ

existent vraiment

エグズィストゥ ヴモ~

 

[Refrain]  〈*2〉

Et l’on n'peut pas s'empêcher

エ ロ~ヌ プゥパ ソ~ペシェ

De vouloir l'emprisonner

ドゥ ヴゥルワー ロ~ゾネ

Tout contre soi le garder,

トゥ コ~ト スワ ル ガデ、

hmm, hmm

ウムー、ウムー

Et l’on n'peut pas s'empêcher

エ ロ~ヌ プゥ パ ソ~ペシェ

De rêver à l'embrasser

ドゥ ヴェ ア ロ~ッセ

Et de rêver à l'aimer  〈*3〉

エ ドゥ ヴェ ア レメ

 

[3]

Gare à chaque rencontre,

ガー シャク コ~ト

car les anges ressemblent

ゾ~ジュ ソ~ブル

à tout le monde

ア トゥル モ~ドゥ

Leurs ailes soyeuses

ルァール スワユゥーズ

invisibles à nos yeux

ア~ヴィズィブズィ

Gare à chaque rencontre,

ガー シャク コ~ト

c'est peut-être un ange

セ プゥテートノ~ジュ

qui se montre

キ ス モ~ト

Et alors gare à ne pas tomber amoureux

エ アロ ガー ヌ パ ト~ベ アムゥ

Et alors gare à ne pas tomber amoureux

エ アロ ガー ヌ パ ト~ベ アムゥ

 

フランス語歌詞(ルビなし)

リエゾン、アンシェンヌマンの箇所に下線をつけてあります。

「Un ange」

[1]

Certains jours de chance,

il arrive que l'on croise un ange

Et puis qu’il nous prenne

sous son aile un instant

Certains jours féroces,

quand dans la morsure

de l'angoisse

Un ange parfois,

quelque part nous attend

 

[Refrain] 〈*1〉

Et l'on n’peut pas s'empêcher

De vouloir le posséder

Tout contre soi le garder,

hmm, hmm

Et l'on n'peut pas s'empêcher

De vouloir l'emprisonner

Rien que pour soi le garder

 

[2]

Cruelle est l'absence,

inquiète et fragile

l'existence

Comme une feuille d’automne

qui vole et vole au vent

Amère est l’errance,

si frêle et fanée l'espérance

Mais voilà que les anges

existent vraiment

 

[Refrain] 〈*2〉

Et l’on n'peut pas s'empêcher

De vouloir l'emprisonner

Tout contre soi le garder,

hmm, hmm

Et l’on n'peut pas s'empêcher

De rêver à l'embrasser

Et de rêver à l'aimer 〈*3〉

 

[3]

Gare à chaque rencontre,

car les anges ressemblent

à tout le monde

Leurs ailes soyeuses

invisibles à nos yeux

Gare à chaque rencontre,

c'est peut-être un ange

qui se montre

Et alors gare à ne pas tomber amoureux

Et alors gare à ne pas tomber amoureux