La Marie-Vison 毛皮のマリー

作詞  Marc Heyral マルク・エイラル

作曲   Roger Varnay ロジェ・マルネイ

歌  Yves montand イヴ・モンタン  / Jacqueline François ジャクリーヌ・フランソワ

発表年  1956年

 

・カラオケDAM収録曲

 

1959年、ラジオ・カナダ・ミュージックホールで楽しそうに歌うモンタンのステージ、最後にノリノリで踊っています。テンポは速めです。

La Marie-Vison - Yves montand

 

Jacqueline François ジャクリーヌ・フランソワも歌っているので、女性のキーで歌えます。テンポは遅めです。

La Marie-Vison - Jacqueline François

 

Youtube活用メモ

一緒に歌う場合は、テンポを遅めにしたり、ループ再生にすると便利です。

画面をクリックすると右下に出る「歯車マーク」をクリックして、「再生速度」を 0.75 か 0.5 に設定しましょう。

画面を長押し(パソコンの場合は右クリック)して「ループ再生」をオンにしましょう。

Youtubeサイトに移動せずに本サイト上で再生するとCMが入りません。

 

歌う前の確認事項

歌う前に以下のことをご確認ください。できるだけ正しいフランス語を発音するために、とても大切なポイントです。

⇒ 「フランス語発音のポイント」「本サイトのルビについて」「歌う前の準備~歌ってみよう」で詳しく解説していますのでご参照ください。

⇒ フランス語シャンソン初心者の方は、「フランス語で歌うシャンソン入門講座」から始めてください。

 

本サイト独自のルビ表記と発音について

r」は「」で表記。口の奥(喉に近いところ)を震わせて発音します。

★「鼻母音」については、鼻から息を抜きながら母音を発音する(口を閉じて「ン」と発音しない)ので、本サイトでは母音や子音のカタカナ表記の横に「」を添えて鼻母音を表記しています。軽く鼻腔を閉じて息を抜くイメージです。

①「an, em, en, em」は、口を大きく縦に開けた「ア~」と「オ~」の中間のような音。青字で「オ~」「コ~」「ソ~」「ト~」など青字で表記。「r」につくときは「」と表記しています。

②「in, im, ein, ain, un, um」は口を横に開いた「エ」の形で「ア~」鼻から抜いて発音

③「on, om」は、口を丸くすぼめて鼻から「オ~」と発音

 

リエゾンやアンシェンヌマンについて

リエゾンやアンシェヌマンしている箇所には下線を引いてあります。

 

日本語訳

日本語訳や曲の解説をしているお勧めのサイトはこちらです。

朝倉ノニーの歌物語「La Marie-Vison 毛皮のマリー」

 

「La Marie-Vison 毛皮のマリー」歌詞

単語一つずつではなく、歌のメロディやフレーズに合わせてルビの区切りを入れてあります。同じ歌手でもアレンジやバージョンによって、また別の歌手が歌う場合なども、歌詞が異なる場合があります。

 

印刷用歌詞(PDF)

印刷する場合は歌詞(ルビつき&ルビなし)のPDFをダウンロードしてカラー印刷してください。

「La Marie-Vison 毛皮のマリー」歌詞(PDF)

 

ルビつき歌詞

短めにフレーズを区切って表記していますが、スマホの場合は画面を横長にしてスクロールしながらご覧ください。

 

「La Marie-Vison 毛皮のマリー」

 

[1]

[Refrain]

Elle a roulé sa bosse,

エラ レ サ ボッス、

elle a roulé carosse

エラ レ キャッス

Elle a plumé

エラ プリュメ

plus d'un pigeon

プリュ ダ~ ピジョ~

La Marie-Vison

ラ マヴィゾ~

 

du côté d'la Chappelle

デュ コテ ドゥラ シャペル

C'est comm' ça qu'on l'appelle,

セ コムサ コ~ ラッペル、

me en été

メーモ~

elle a sur l'dos

スュ ルド

Son sacré manteau,

ソ~ サク モ~トー、

il est bouffé aux mites

ブゥッフェ オー ミトゥ

Et quand elle a la cuite,

コ~テラ ラ キュイトゥ、

ell'n'peut pas s'empêcher

エルヌプゥ パ ソ~ペシェ

De raconter,

ドゥ コ~テ、

 

que la vie était belle

ク ラ ヴィ エテ ベル

Qu'elle portait des dentelles

ケル ポテ デ ド~テル

Et tous les homm's,

エ トゥ レ ム、

oui tous les homm's

ウィ トゥ レ

étaient fous d'elle

エテ フゥ デル

 

[Refrain]

Elle a roulé sa bosse,

エラ レ サ ボッス、

elle a roulé carosse

エラ レ キャッス

Elle a plumé

エラ プリュメ

plus d'un pigeon

プリュ ダ~ ピジョ~

La Marie-Vison

ラ マヴィゾ~

 

Mais un soir, un soir,

ザ~ ソワー、ア~ソワー

ce fut plus fort qu'elle

スフュ プリュ フォー ケル

La v'la qui s'est mise à pleurer

ラ ヴラ キ セ ミ プルァ

 

Et son secret, son secret

エ ソ~ スク、ソ~スク

trop lourd pour elle

トゥ ルゥー プゥ

Dans un bistrot

ド~ザ~ ビストゥ

me l'a confié.

ム ラ コ~フィエ

 

[2]

Ell' n'a jamais cherché

エル ナ ジャメ シェシェ

un p'tit cur à aimer

ア~ プティ キュー エメ

Ell' n'a choisi

エル ナ ショワズィ

que des ballots

ク デ バロ

au cur d'artichaut

オ キュティショー

 

A jouer d'la prunelle

ア ジュエ ドゥラ プュネル

de Passy à Grenelle

ドゥ パッスィ ア グネル

On perd son temps

オ~ ペー ソ~ ト~

et ses vingt ans

エ セ ヴァ~ト~

V'là qu'ils fich'nt le camp,

ヴラ キル フィシュルコ~

 

pour ce sacré manteau

プゥ ス サク モ~トー

Qu'elle voulait sur son dos

ケル ヴゥレ スュ ソ~ド

Elle a foutu au clou

フゥテュ オ クルゥ

ses rêv's de gosse

ヴ ドゥ ゴッス

 

et ce sacré manteau

エ ス サク モ~トー

Qu'elle a toujours sur 'dos,

トゥジュー スュド、

ça l'a mené

サ ラ ムネ

A la Chapelle

ア ラ シャペル

dans mon quartier

ド~ モ~ カティエ

 

[Refrain]

Elle a roulé sa bosse,

エラ レ サ ボッス、

elle a roulé carosse

エラ レ キャッス

Elle a plumé

エラ プリュメ

plus d'un pigeon

プリュ ダ~ ピジョ~

La Marie-Vison

ラ マヴィゾ~

 

Vous, les jouvencelles

ヴゥ、レ ジュヴォ~セル

Ne fait's pas comme elle,

ヌ フェ パ コンル、

s'aimer d'amour

セメ ダムゥー

C'est ça qu'est bon,

セ サ ケ ボ~、

sacré nom de nom!

サク ノ~ ドゥ ノ~


カラオケで歌う場合には、「カラオケで歌ってみよう」でフランス語で歌うときのポイントを解説していますのでご参照ください。

 

フランス語歌詞(ルビなし)

リエゾン、アンシェンヌマンの箇所に下線をつけてあります。

 

「La Marie-Vison」

 

 

[1]

[Refrain]

Elle a roulé sa bosse,

elle a roulé carosse

Elle a plumé

plus d'un pigeon

La Marie-Vison

 

du côté d'la Chappelle

C'est comm' ça qu'on l'appelle,

me en été

elle a sur l'dos

Son sacré manteau,

 

il est bouffé aux mites

Et quand elle a la cuite,

ell'n'peut pas s'empêcher

De raconter,

 

que la vie était belle

Qu'elle portait des dentelles

Et tous les homm's,

oui tous les homm's

étaient fous d'elle

 

[Refrain]

Elle a roulé sa bosse,

elle a roulé carosse

Elle a plumé

plus d'un pigeon

La Marie-Vison

 

Mais un soir, un soir,

ce fut plus fort qu'elle

La v'la qui s'est mise à pleurer

 

Et son secret, son secret

trop lourd pour elle

Dans un bistrot

me l'a confié.

 

[2]

Ell' n'a jamais cherché

un p'tit cur à aimer

Ell' n'a choisi

que des ballots

au cur d'artichaut

 

A jouer d'la prunelle

de Passy à Grenelle

On perd son temps

et ses vingt ans

V'là qu'ils fich'nt le camp,

 

pour ce sacré manteau

Qu'elle voulait sur son dos

Elle a foutu au clou

ses rêv's de gosse

 

et ce sacré manteau

Qu'elle a toujours sur 'dos,

ça l'a mené

A la Chapelle

dans mon quartier

 

[Refrain]

Elle a roulé sa bosse,

elle a roulé carosse

Elle a plumé

plus d'un pigeon

La Marie-Vison

 

Vous, les jouvencelles

Ne fait's pas comme elle,

s'aimer d'amour

C'est ça qu'est bon,

sacré nom de nom!