La tendresse 優しい心

作詞 Noël Roux ノエル・ルー

作曲 Hubert Giraud ユベール・ジロー

歌 Marie Laforêtマリー・ラフォレ、Bourvilブールヴィル、ZAZ & Jenifer ザーズ&ジェニファー

発表年  1963年

 

・Karafun収録曲

 

人気曲にアレンジしたMarie Laforêtマリー・ラフォレの歌は、3番と5番の歌詞が省略されている短いバージョンです。

La tendress - Marie Laforêt

 

創唱したBourvilブールヴィルの歌詞はフルバージョンです。

La tendress – Bourvil

 

ZAZザーズとJeniferジェニファーの優しさあふれるデュエットも、フルバージョンで歌っています。

La tendresse - ZAZ & Jenifer

 

Youtube活用メモ

一緒に歌う場合は、テンポを遅めにしたり、ループ再生にすると便利です。

画面をクリックすると右下に出る「歯車マーク」をクリックして、「再生速度」を 0.75 か 0.5 に設定しましょう。

画面を長押し(パソコンの場合は右クリック)して「ループ再生」をオンにしましょう。

Youtubeサイトに移動せずに本サイト上で再生するとCMが入りません。

 

歌う前の確認事項

歌う前に以下のことをご確認ください。できるだけ正しいフランス語を発音するために、とても大切なポイントです。

⇒ 「フランス語発音のポイント」「本サイトのルビについて」「歌う前の準備~歌ってみよう」で詳しく解説していますのでご参照ください。

⇒ フランス語シャンソン初心者の方は、「フランス語で歌うシャンソン入門講座」から始めてください。

 

本サイト独自のルビ表記と発音について

r」は「」で表記。口の奥(喉に近いところ)を震わせて発音します。

★「鼻母音」については、鼻から息を抜きながら母音を発音する(口を閉じて「ン」と発音しない)ので、本サイトでは母音や子音のカタカナ表記の横に「」を添えて鼻母音を表記しています。軽く鼻腔を閉じて息を抜くイメージです。

①「an, em, en, em」は、口を大きく縦に開けた「ア~」と「オ~」の中間のような音。青字で「オ~」「コ~」「ソ~」「ト~」など青字で表記。「r」につくときは「」と表記しています。

②「in, im, ein, ain, un, um」は口を横に開いた「エ」の形で「ア~」鼻から抜いて発音

③「on, om」は、口を丸くすぼめて鼻から「オ~」と発音

 

リエゾンやアンシェンヌマンについて

リエゾンやアンシェヌマンしている箇所には下線を引いてあります。

 

日本語訳

日本語訳や曲の解説をしているお勧めのサイトはこちらです。

朝倉ノニーの歌物語「La tendresse 優しい心」

 

「La tendresse 優しい心」歌詞

単語一つずつではなく、歌のメロディやフレーズに合わせてルビの区切りを入れてあります。同じ歌手でもアレンジやバージョンによって、また別の歌手が歌う場合なども、歌詞が異なる場合があります。

 

印刷用歌詞(PDF)

印刷する場合は歌詞(ルビつき&ルビなし)のPDFをダウンロードしてカラー印刷してください。

「La tendresse 優しい心」歌詞(PDF)

 

ルビつき歌詞

短めにフレーズを区切って表記していますが、スマホの場合は画面を横長にしてスクロールしながらご覧ください。

「La tendresse 優しい心」

[1]

On peut vivre sans richesse

オ~プゥ ヴィヴ ソ~ シェッス

Presque sans le sou

スク ソ~ ルスゥ

Des seigneurs et des princesses

デ セニュァー デ プ~セッス

Y’en a plus beaucoup

ヨ~ナ プリュ ボクゥ

Mais vivre sans tendresse

メ ヴィヴ ソ~ ト~ドゥッス

On ne le pourrait pas

オ~ヌル プゥ

Non, non, non, non

ノ~、ノ~、ノ~、ノ~

On ne le pourrait pas

オ~ヌル プゥ

 

[2]

On peut vivre sans la gloire

オ~プゥ ヴィヴ ソ~ラ グロワー

Qui ne prouve rien

キ ヌ プゥヴ ア~

Etre inconnu dans l’histoire

エトゥコニュ ド~ リストワー

Et s’en trouver bien

ソ~ トゥヴェ ビア~

Mais vivre sans tendresse

メ ヴィヴ ソ~ ト~ドゥッス

Il n’en est pas question

イルノ~ パ ケスティヨ~

Non, non, non, non

ノ~、ノ~、ノ~、ノ~

Il n’en est pas question

イルノ~ パ ケスティヨ~

 

Quelle douce faiblesse

ケル ドゥス ファビレッス

Quel joli sentiment

ケル ジョリ ソ~ティモ~

Ce besoin de tendresse

ス ブゾワ~ ドゥ ト~ドゥッス

Qui nous vient en naissant

キ ヌゥ ヴィア~ト~ソ~

Vraiment, vraiment, vraiment

モ~、ヴモ~、ヴモ~

 

[3]

Le travail est nécessaire

ルトヴァイ ネスセー

Mais s'il faut rester

メ スィル フォ ステ

Des semaines sans rien faire

デスメーヌ ソ~ア~ フェー

Eh bien, on s'y fait

エビア~、オ~スィフェ

Mais vivre sans tendresse

メ ヴィヴ ソ~ ト~ドゥッス

Le temps vous paraît long

ト~ ヴゥ パ ロ~

Long, long, long, long

ロ~、ロ~、ロ~、ロ~

Le temps vous parait long

ト~ ヴゥ パ ロ~

 

[4]

Dans le feu de la jeunesse

ド~ルフゥ ドゥラ ジュネッス

Naissent les plaisirs

ネッス レ プレズィー

Et l’amour fait des prouesses

エ ラムゥー フェ デ プゥエッス

Pour nous éblouir

プゥ ヌゥ ブルゥイー

Oui mais sans la tendresse

ウィ メ ソ~ト~ドゥッス

L’amour ne serait rien

ラムゥー ヌ スれ りア~

Non, non, non, non

ノ~、ノ~、ノ~、ノ~

Lamour ne serait rien

ラムゥー ヌ スれ りア~

 

[5]

Quand la vie impitoyable

コ~ラヴィ ア~ピトワヤーブル

Vous tombe dessus

ヴゥ ト~ブ ドゥスゥ

On n'est plus qu'un pauvre diable

オ~ネプリュ カ~ ポーヴ ディアブル

Broyé et déçu

ワイエ エ デスュ

Alors sans la tendresse

アロ ソ~ト~ドゥッス

D'un cœur qui nous soutient

ダ~クァー キ ヌゥ スゥティア~

Non, non, non, non

ノ~、ノ~、ノ~、ノ~

On n'irait pas plus loin

オ~ニ パ プリュ ロワ~

 

Un enfant vous embrasse

ア~ノ~フォ~ ヴゥ ゾ~ッス

Parce qu’on le rend heureux

スコ~ ル ヌゥ

Tous nos chagrins s’effacent

トゥノ シャグ~ セファッス

On a les larmes aux yeux

オ~レ ラ ズィ

Mon Dieu, mon Dieu, mon Dieu…

モ~ ディウ、モ~ ディウ、モ~ ディウ

 

[6]

Dans votre immense sagesse

ド~ ヴォトゥモ~ス サジェッス

Immense ferveur

モ~ス フェヴァー

Faites donc pleuvoir sans cesse

フェトゥ ド~ プルヴォワー ソ~セッス

Au fond de nos cœurs

オフォ~ ドゥ ノクァー

Des torrents de tendresse

デト ドゥ ト~ドゥッス

Pour que règne l’amour

プゥーニュ ラムゥー

Règne l’amour

ーニュ ラムゥー

Jusqu’à la fin des jours

ジュスカラファ~ デジュー

 


カラオケで歌う場合には、「カラオケで歌ってみよう」でフランス語で歌うときのポイントを解説していますのでご参照ください。

 

フランス語歌詞(ルビなし)

リエゾン、アンシェンヌマンの箇所に下線をつけてあります。

「La tendresse」

[1]

On peut vivre sans richesse

Presque sans le sou

Des seigneurs et des princesses

Y’en a plus beaucoup

Mais vivre sans tendresse

On ne le pourrait pas

Non, non, non, non

On ne le pourrait pas

 

[2]

On peut vivre sans la gloire

Qui ne prouve rien

Etre inconnu dans l’histoire

Et s’en trouver bien

Mais vivre sans tendresse

Il n’en est pas question

Non, non, non, non

Il n’en est pas question

 

Quelle douce faiblesse

Quel joli sentiment

Ce besoin de tendresse

Qui nous vient en naissant

Vraiment, vraiment, vraiment

 

[3]

Le travail est nécessaire

Mais s'il faut rester

Des semaines sans rien faire

Eh bien, on s'y fait

Mais vivre sans tendresse

Le temps vous paraît long

Long, long, long, long

Le temps vous parait long

 

[4]

Dans le feu de la jeunesse

Naissent les plaisirs

Et l’amour fait des prouesses

Pour nous éblouir

Oui mais sans la tendresse

L’amour ne serait rien

Non, non, non, non

Lamour ne serait rien

 

[5]

Quand la vie impitoyable

Vous tombe dessus

On n'est plus qu'un pauvre diable

Broyé et déçu

Alors sans la tendresse

D'un cœur qui nous soutient

Non, non, non, non

On n'irait pas plus loin

 

Un enfant vous embrasse

Parce qu’on le rend heureux

Tous nos chagrins s’effacent

On a les larmes aux yeux

Mon Dieu, mon Dieu, mon Dieu…

 

[6]

Dans votre immense sagesse

Immense ferveur

Faites donc pleuvoir sans cesse

Au fond de nos cœurs

Des torrents de tendresse

Pour que règne l’amour

Règne l’amour

Jusqu’à la fin des jours