Sous le ciel de Paris パリの空の下

作詞   Jean Dréjac ジャン・ドレジャック

作曲  Hubert Giraud ユベール・ジロー

歌   Jean Bretonnière ジャン・ブルトニエール、Édith Piaf エディット・ピアフ、Juliette Gréco ジュリエット・グレコほか

発表年  1951年

 

・Karafun収録曲

・カラオケDAM収録曲

 

カラオケと同じエディット・ピアフの歌です。

Sous le ciel de Paris - Édith Piaf

 

Youtube活用メモ

一緒に歌う場合は、テンポを遅めにしたり、ループ再生にすると便利です。

画面をクリックすると右下に出る「歯車マーク」をクリックして、「再生速度」を 0.75 か 0.5 に設定しましょう。

画面を長押し(パソコンの場合は右クリック)して「ループ再生」をオンにしましょう。

Youtubeサイトに移動せずに本サイト上で再生するとCMが入りません。

 

歌う前の確認事項

歌う前に以下のことをご確認ください。できるだけ正しいフランス語を発音するために、とても大切なポイントです。

⇒ 「フランス語発音のポイント」「本サイトのルビについて」「歌う前の準備~歌ってみよう」で詳しく解説していますのでご参照ください。

⇒ フランス語シャンソン初心者の方は、「フランス語で歌うシャンソン入門講座」から始めてください。

 

本サイト独自のルビ表記と発音について

r」は「」で表記。口の奥(喉に近いところ)を震わせて発音します。

★「鼻母音」については、鼻から息を抜きながら母音を発音する(口を閉じて「ン」と発音しない)ので、本サイトでは母音や子音のカタカナ表記の横に「」を添えて鼻母音を表記しています。軽く鼻腔を閉じて息を抜くイメージです。

①「an, em, en, em」は、口を大きく縦に開けた「ア~」と「オ~」の中間のような音。青字で「オ~」「コ~」「ソ~」「ト~」など青字で表記。「r」につくときは「」と表記しています。

②「in, im, ein, ain, un, um」は口を横に開いた「エ」の形で「ア~」と鼻から抜いて発音

③「on, om」は、口を丸くすぼめて鼻から「オ~」と発音

 

リエゾンやアンシェンヌマンについて

リエゾンやアンシェヌマンしている箇所には下線を引いてあります。

 

日本語訳

日本語訳や曲の解説をしているお勧めのサイトはこちらです。

朝倉ノニーの歌物語「Sous le ciel de Paris パリの空の下」

 

「Sous le ciel de Paris パリの空の下」歌詞

単語一つずつではなく、歌のメロディやフレーズに合わせてルビの区切りを入れてあります。同じ歌手でもアレンジやバージョンによって、また別の歌手が歌う場合なども、歌詞が異なる場合があります。

 

印刷用歌詞(PDF)

印刷する場合は歌詞(ルビつき&ルビなし)のPDFをダウンロードしてカラー印刷してください。

「Sous le ciel de Paris パリの空の下」歌詞(PDF)

 

ルビつき歌詞

短めにフレーズを区切って表記していますが、スマホの場合は画面を横長にしてスクロールしながらご覧ください。

 

「Sous le ciel de Paris パリの空の下」

 

Sous le ciel de Paris

スゥ ルスィエル ドゥ パ

S'envole une chanson

ソ~ヴォル ユヌ ショ~ソ~

ウムー ウムー

Elle est née d'aujourd'hui

ネ ドージュデュイ

Dans le coeur d'un garçon

ド~ ルクァー ダ~ギャソ~

 

Sous le ciel de Paris

スゥ ルスィエル ドゥ パ

Marchent des amoureux

シュ デムゥ

Hum hum

ウムー ウムー

Leur bonheur se construit

ルァー ボヌァー ス コ~ストゥ

Sur un air fait pour eux

スュネー フェプゥ

 

Sous le pont de Bercy

スゥ ル ポ~ ドゥ ベスィ

Un philosophe assis

ア~ フィロゾフ アッスィ

Deux musiciens quelques badauds

ドゥ ミュズィスィア~ ケルク バドー

Puis les gens par milliers

ピュイレ ジョ~ミリエ

 

Sous le ciel de Paris

スゥ ルスィエル ドゥ パ

Jusqu'au soir vont chanter

ジュスコー ソワー ヴォ~ ショ~

Hum hum

ウムー ウムー

L'hymne d'un peuple épris

リンムヌ ダ~ プゥプ

De sa vieille cité

ドゥ サ ヴィエイユ スィテ

 

Près de Notre Dame

ドゥ ノートゥダーム

Parfois couve un drame

フォワ クゥヴァ~ ドゥ

Oui mais à Paname

ウィ メ パナム

Tout peut s'arranger

トゥ プゥ サジェ

 

Quelques rayons

ケルク イヨ~

Du ciel d'été

デュ スィエル デテ

L'accordéon

ラコデオ~

D'un marinier

ダ~ マニエ

L'espoir fleurit

レスポワー フルァ

Au ciel de Paris

オースィエル ドゥ パ

 

Sous le ciel de Paris

スゥ ルスィエル ドゥ パ

Coule un fleuve joyeux

クゥラ~ フルァヴ ジョワイユゥ

Hum hum

ウムー ウムー

Il endort dans la nuit

ロ~ドー ド~ ラニュイ

Les clochards et les gueux

レ クロシャー レグゥ

 

Sous le ciel de Paris

スゥ ルスィエル ドゥ パ

Les oiseaux du Bon Dieu

ゾワゾー デュ ボ~ ディウ

Hum hum

ウムー ウムー

Viennent du monde entier

ヴィエンヌ デュ モ~ド~ティエ

Pour bavarder entre eux

プゥ バヴァトゥ

 

Et le ciel de Paris

エ ルスィエル ドゥ パ

A son secret pour lui

ア ソ~ スク プゥ ルイ

Depuis vingt siècles il est épris

ドゥピュイ ヴァ~ スィエク テプ

De notre Ile Saint Louis

ドゥノートゥ イル サ~ルイ

 

Quand elle lui sourit

コ~ル ルイ スゥ

Il met son habit bleu

イルメ ソ~ナビ ブルゥ

Hum hum

ウムー ウムー

Quand il pleut sur Paris

コ~ティル プルォ スュ

C'est qu'il est malheureux

セ キ マルゥ

 

Quand il est trop jaloux

コ~ティレ トゥ ジャルゥ

De ses millions d'amants

ドゥ セ ミリオ~ ダモ~

Hum hum

ウムー ウムー

Il fait gronder sur nous

イル フェ グデ スュ ヌゥ

Son tonnerre éclatant

ソ~ トネー クラト~

 

Mais le ciel de Paris

メ ル スィエル ドゥ パ

N'est pas longtemps cruel

ネ パ ロ~ト~ュエル

Hum hum

ウムー ウムー

Pour se faire pardonner

プゥ ス フェードネ

Il offre un arc en ciel

 コ~スィエル

 


カラオケで歌う場合には、「カラオケで歌ってみよう」でフランス語で歌うときのポイントを解説していますのでご参照ください。

 

フランス語歌詞(ルビなし)

リエゾン、アンシェンヌマンの箇所に下線をつけてあります。

 

「Sous le ciel de Paris」

 

Sous le ciel de Paris

S'envole une chanson

Hum hum

Elle est née d'aujourd'hui

Dans le coeur d'un garçon

 

Sous le ciel de Paris

Marchent des amoureux

Hum hum

Leur bonheur se construit

Sur un air fait pour eux

 

Sous le pont de Bercy

Un philosophe assis

Deux musiciens quelques badauds

Puis les gens par milliers

 

Sous le ciel de Paris

Jusqu'au soir vont chanter

Hum hum

L'hymne d'un peuple épris

De sa vieille cité

 

Près de Notre Dame

Parfois couve un drame

Oui mais à Paname

Tout peut s'arranger

 

Quelques rayons

Du ciel d'été

L'accordéon

D'un marinier

L'espoir fleurit

Au ciel de Paris

 

Sous le ciel de Paris

Coule un fleuve joyeux

Hum hum

Il endort dans la nuit

Les clochards et les gueux

 

Sous le ciel de Paris

Les oiseaux du Bon Dieu

Hum hum

Viennent du monde entier

Pour bavarder entre eux

 

Et le ciel de Paris

A son secret pour lui

Depuis vingt siècles il est épris

De notre Ile Saint Louis

 

Quand elle lui sourit

Il met son habit bleu

Hum hum

Quand il pleut sur Paris

C'est qu'il est malheureux

 

Quand il est trop jaloux

De ses millions d'amants

Hum hum

Il fait gronder sur nous

Son tonnerre éclatant

 

Mais le ciel de Paris

N'est pas longtemps cruel

Hum hum

Pour se faire pardonner

Il offre un arc en ciel