Ma révérence 別れの挨拶

Veronique Sanson ヴェロニク・サンソンの「Ma révérence 別れの挨拶」のフランス語カタカナルビつき歌詞PDF。

作詞&作曲  Veronique Sanson ヴェロニク・サンソン

歌 Veronique Sanson ヴェロニク・サンソン

発表年  1979年

 

・Karafun収録曲

 

1960年代にフランスで全盛だった「イエイエ」時代から1970年代の「ニューミュージック」へと、新しい時代の旗手の一人となったヴェロニク。その後、アメリカ人ロックミュージシャンStephen Stills スティーブン・スティルスと結婚してアメリカをベースに活動しますが、離婚後一人息子の親権問題で法廷闘争が続き、心身共に疲労しきっていた頃に作られたのがこの曲です。(数年後に親権を獲得したそうですが)

「私が愛した息子や友人たちが去ってゆくとき、別れの挨拶をするわ。情熱の炎が消えて静かになった今、私は一人ぼっちになってしまったことに気づくの」

1980年、リリース翌年のテレビショーで歌う若々しいヴェロニク。口の動きがよくわかるので、しっかり見て真似しながら歌ってみましょう。

Ma révérence - Veronique Sanson (1980)

 

Maurane モラーヌがヴェロニクへのオマージュとしてしっとりと歌う「Ma révérence」。後半の歌詞が一部省略されています。モラーヌも私の好きな歌手の一人ですが、残念ながらこの5年後に突然亡くなってしまいました。彼女の歌もこれからたくさんご紹介したいと思います。

Ma révérence - Maurane (2013)

 

プラハ交響楽団と共にパリのシャトレ劇場で録音されたアルバム「Symphonique Sanson」(1989年)のライヴ音源です。一部歌詞が異なっていますが、美しい響きが拡がる、いつもとは雰囲気の違う「Ma révérence」です。

 Ma révérence - Veronique Sanson (1989)

 

Youtube活用メモ

一緒に歌う場合は、テンポを遅めにしたり、ループ再生にすると便利です。

画面をクリックすると右下に出る「歯車マーク」をクリックして、「再生速度」を 0.75 か 0.5 に設定しましょう。

画面を長押し(パソコンの場合は右クリック)して「ループ再生」をオンにしましょう。

Youtubeサイトに移動せずに本サイト上で再生するとCMが入りません。

※すぐ歌われる場合は、目次の「ルビつき歌詞」をクリックしてください。

歌う前の確認事項

歌う前に以下のことをご確認ください。できるだけ正しいフランス語を発音するために、とても大切なポイントです。

⇒ 「フランス語発音のポイント」「本サイトのルビについて」「歌う前の準備~歌ってみよう」で詳しく解説していますのでご参照ください。

⇒ フランス語シャンソン初心者の方は、「フランス語で歌うシャンソン入門講座」から始めてください。

 

本サイト独自のルビ表記と発音について

r」は「」で表記。口の奥(喉に近いところ)を震わせて発音します。

★「鼻母音」については、鼻から息を抜きながら母音を発音する(口を閉じて「ン」と発音しない)ので、本サイトでは母音や子音のカタカナ表記の横に「」を添えて鼻母音を表記しています。軽く鼻腔を閉じて息を抜くイメージです。

①「an, em, en, em」は、口を大きく縦に開けた「ア~」と「オ~」の中間のような音。青字で「オ~」「コ~」「ソ~」「ト~」など青字で表記。「r」につくときは「」と表記しています。

②「in, im, ein, ain, un, um」は口を横に開いた「エ」の形で「ア~」と鼻から抜いて発音

③「on, om」は、口を丸くすぼめて鼻から「オ~」と発音

 

リエゾンやアンシェンヌマンについて

リエゾンやアンシェヌマンしている箇所には下線を引いてあります。

 

日本語訳

日本語訳や曲の解説をしているお勧めのサイトはこちらです。

朝倉ノニーの歌物語「Ma révérence 別れの挨拶」

 

「Ma révérence 別れの挨拶」歌詞

単語一つずつではなく、歌のメロディやフレーズに合わせてルビの区切りを入れてあります。同じ歌手でもアレンジやバージョンによって、また別の歌手が歌う場合なども、歌詞が異なる場合があります。

 

印刷用歌詞(PDF)

印刷する場合は歌詞(ルビつき&ルビなし)のPDFをダウンロードしてカラー印刷してください。

「Ma révérence 別れの挨拶」歌詞(PDF)

 

ルビつき歌詞

短めにフレーズを区切って表記していますが、スマホの場合は画面を横長にしてスクロールしながらご覧ください。

「Ma révérence 別れの挨拶」

Quand je n'aurai plus le temps

コ~ ジュ ノ プリュ ル ト~

De trouver tout l'temps du courage

ドゥ トヴェ トゥ ルト~ デュ クージュ

Quand j'aurai mis vingt ans

コ~ ジョ ミ ヴァ~ト~

À voir que tout était mirage

ア ヴワー ク トゥテ ミージュ

Je tire ma révérence

ジュ ティーヴェ

Ma révérence

ヴェ

 

Quand mon fils sera grand

コ~ モ~ フィル ス

Qu'il n'aura plus besoin de moi

キル ノ プリュ ブズワ~ ドゥ ムワ

Quand les gens qui m'aimaient

コ~ジョ~ キ メメー

Seront emportés loin de moi

ト~テ ルワ~ ドゥ ムワ

Je leur tire ma révérence

ジュ ルァー ティーヴェ

Ma révérence

ヴェ

 

<間奏>

 

Et ma vie

エ マ ヴィ

Endormie

オ~

Doucement

ドゥスモ~

 

Et mon cœur sera froid

エ モ~ クァー

Il ne saura même plus s'affoler

イル ヌ ソ メーム プリュ サフォレ

Il ne deviendra

イル ヌ ドゥヴィア~ド

Qu'une pauvre horloge à réparer

キュヌ ポーヴ ロージャ

Il n'aura plus de flamme

イルノ プリュ ドゥ フラム

Il n'aura plus de flamme

イルノ プリュ ドゥ フラム

Il n'y aura plus de femmes

イルニオ プリュ ドゥ ファム

 

Et mes amis fidèles

エ メミ フィデル

Auront disparu un par un

~ ディスパュ ア~パ

Trouvant que j'étais belle

ヴォ~ ク ジェテ ベル

Que j'aurais bien fait mon chemin

ク ジョ ビア~ フェ モ~ シュマ~

Alors j'aurai honte de mes mains

アロ ジョ オ~トゥ ドゥ メマ~

J'aurai honte de mes mains

ジョ オ~トゥ ドゥ メマ~

 

Quand je n'aurai plus le temps

コ~ ジュ ノ プリュ ル ト~

De trouver tout l'temps du courage

ドゥ トヴェ トゥ ルト~ デュ クージュ

Quand j'aurai mis vingt ans

コ~ ジョ ミ ヴァ~ト~

À voir que tout était mirage

ア ヴワー ク トゥテ ミージュ

Alors j'entends au fond de moi

アロ ジョ~ト~ オ フォ~ ドゥムワ

Une petite voix

ユヌ プティトゥ ヴワ

Qui sourd et gronde

キ スゥー エ グ~ドゥ

Que je suis seule au monde

ク ジュ スュイ スァル オ モ~ドゥ

 

フランス語歌詞(ルビなし)

リエゾン、アンシェンヌマンの箇所に下線をつけてあります。

「Ma révérence」

Quand je n'aurai plus le temps

De trouver tout l'temps du courage

Quand j'aurai mis vingt ans

À voir que tout était mirage

Je tire ma révérence

Ma révérence

 

Quand mon fils sera grand

Qu'il n'aura plus besoin de moi

Quand les gens qui m'aimaient

Seront emportés loin de moi

Je leur tire ma révérence

Ma révérence

 

<間奏>

 

Et ma vie

Endormie

Doucement

 

Et mon cœur sera froid

Il ne saura même plus s'affoler

Il ne deviendra

Qu'une pauvre horloge à réparer

Il n'aura plus de flamme

Il n'aura plus de flamme

Il n'y aura plus de femmes

 

Et mes amis fidèles

Auront disparu un par un

Trouvant que j'étais belle

Que j'aurais bien fait mon chemin

Alors j'aurai honte de mes mains

J'aurai honte de mes mains

 

Quand je n'aurai plus le temps

De trouver tout l'temps du courage

Quand j'aurai mis vingt ans

À voir que tout était mirage

Alors j'entends au fond de moi

Une petite voix

Qui sourd et gronde

Que je suis seule au monde